しままるの雑記帳

しままるの思ったことや考えたことをアウトプットする場。「PC/プログラミング」「写真/旅行」「科学(勉強)」「心の問題」が主なテーマ。

心の問題

学校でのいじめ問題 ~体験談と実態~

投稿日:2017年4月12日 更新日:

子どもの世界は弱肉強食

子どもというのは残酷な生き物です。自分が強いということを示したいという本能があるため、「自分よりも弱い」と分かった瞬間にその人を攻撃していきます。

学校というのはその攻撃行為、すなわち「いじめ」の巣窟です。

この弱肉強食の世界で敗者となった者は、当時はもちろん、一生ものの心の傷を負います。
この記事では、私が受けてきたいじめ体験をもとに学校教育におけるいじめ問題の実態について考えます。
その上でいじめが被害者に与える影響はものすごく大きいということを伝えることを目的にしています。

小さいからだ

私の身長偏差値

小学1年生の時、私の身長は僅か108cmでした。私が小学生になるころ、私の年齢は6歳3か月で、その平均身長は115cmです。
標準偏差は4.9cmですので、1.42σくらいのズレがあったわけです。
巷で聞く偏差値に直せば、35.7です。

私の身長偏差値は35.7だったのです。

100人の6歳児がいたら私より身長が低いのは僅か7人です。
しかも、同じ1年生の中には4月の時点で7歳の子もいるわけです。

子どもの世界というのはある意味で動物と同じで弱肉強食です。
先生さえいなければ、やりたい放題の世界なのです。小さくて弱い当時の僕はよくいじめられました。

体が小さいって言うだけでいじめられるというのは、小学生だったら良くあることだよ・・・。
でも、その子もなりたくて小さな体になったわけじゃないんだよ・・。

参考(外部リンク):スクスクのっぽくん「子どもの年齢別平均身長」

辛い体育の時間

体の小さい私には体育の時間が苦痛で仕方ありませんでした。走る、投げる、跳ぶ・・・みんなが当たり前にできるようなことができない。これだけでも苦しいのに、周りの子たちは私を後ろ指さして笑うのです。

一番つらかったスポーツは「ドッチボール」でした。ドッチボールというのは合法的に人を傷つけてよいスポーツと言えるでしょう。
私に思いっきりボールをぶつけて、私が痛がっているのを見て笑うのです。

「やめて」「痛い」と言えばエスカレートする

殴られるのは痛いです。辛いです。だから必死に訴えるのです。
「やめて」「痛い」と。でも、いじめる側にとってはこれが快感でいじめているわけですから、
私が訴える度にいじめはエスカレートしていきます。

子どもというのは他人の痛みを知らない動物のようなものです。自分が強いということを明示することが生き甲斐なのです。
体が小さくて弱い私は容赦なくそれの標的になっていきました。

心と体が未発達な子どもというのは、自分の力を誇示することが快感なんだ。
体の小さい子ども、弱い子どもというのはそれの格好のターゲットになってしまうんだ。

何よそれ!それじゃあ、タダの動物と同じじゃない!

うん。そうなんだ。でも、心も体も未発達なんだから、しょうがないんだよ。所詮人間だって動物なんだから。

そこで先生が思いやりとか、人の気持ちを考えるとか、人の痛みを知るとか、人間らしく振る舞えるようにするのが教育なんじゃないの?

・・・だから、それが全然出来ていないんだよ。今までも、多分これからも。

人格否定

キモい、死ね

子どもはある程度年齢を重ねると、どんな言葉を言えば相手の心が傷つくのかを学習していきます。

小さいころからいじめの標的であった私は、いわゆるスクールカーストの最下位で、いじめられるのが役割のような形になっていました。
小学校高学年になると常に「キモい」「死ね」と言われたり、机やノートに書かれたりしました。
人格否定を受けていたのです。人格否定を受けた時の後遺症といったらまた辛いものです。

先生にチクったら殺す

このくらいの年齢の子どもにとってはまだ先生は脅威です。
悪いことをしているという自覚があるので。私は再三「先生にチクったら殺す」と言われました。

それでも我慢できなかった私は先生に相談したのですが、あろうことか、先生はすぐにその子どもたちを叱りつけたのです。
そのあとの私の処遇と言ったらもう・・・。

つまり、私にとって先生という希望は消え去りました。
もちろん家に帰っても「殴られたら殴り返せ。メソメソするな」と言われ、また殴られたので、家族という希望も消えています。本当に誰にも頼ることができなかったのです。

私の家庭環境について、詳しくはこちら

親も先生も本当に頼りないわよね。というか、対応が下手だし、間違ってるし。

この時点で自殺してしまう子どももいるんだよ・・・。

そうね。よくニュースで「いじめ自殺」って取り上げられるもんね。

うん。いじめる側もいじめられる側も未熟だから、子どもにとっては学校と親が世界の全てに見えてしまっているんだ。
どちらにも居場所を失くした子どもはもう・・・

もう死ぬしかないって・・・。

そうなんだ・・・・。私はいつも「いじめられているから自殺する」っていうのはもったいないと思っていたけど、
考えてみればそうかもね。子どもにとっての居場所ってその2つしかないもんね。

「次はオマエがしままるの相手をしてあげる当番だぞ」

私を含む4人のグループ(班)のうちの一人がこの言葉を言いました。
私はみんなと普通に対等におしゃべりしたいのに、私が常に下にいて、みんなが嫌々私の相手をしてあげているという構図をハッキリと示した言葉でした。

私の心は大きく傷つきました。どうして私はみんなと対等になれないの?どうして私だけが傷つけられなくちゃいけないの?みんなは私がどうなったら友達になってくれるの?一緒に遊んでくれるの?対等になってくれるの?

ずっとこんなことを考えながら生きてきました。

・どうしてみんなと対等になれなかったのか?私だけ傷つけられなくちゃいけないのか?

その答えは、常に自分よりも下の人間を置くことによって安心したいから(えた・ひにんの考え方)
あくまで自分よりも下に人を置くことが目的なので、理由は何でもよいのです。(私の場合体が小さくて肉体的に弱かったというのがあるでしょう)

・みんなは私がどうなったら対等になってくれるの?

解なしです。どうなっても対等になってくれません。なぜならみんなが自分よりも下に人がいるという安心した状況を覆したくないからです。

みんな人の上に立ちたいという本能があるんだよね。だから、「相手をしてあげる」なんて。人を見下すようなことを平気で言い出すんだ。

・・・最低ね。

いや、その人の上に立ちたいという本能は僕らにもあるし、シママにもあるはずなんだよ。
例えばシママさ、もし、自分よりもプログラミングのできる人がいたら、尊敬するという気持ちと同時に、悔しいと思わない?

・・・思うね。でも、私はその人を蹴落としたり、見下そうなんてしないよ。

なんで?

なんでって・・・それを自分がされたら嫌だからよ。

いじめる人ってその考え方が欠落しているんだ。
人の上に立ちたいという本能が満たされれば、誰かを傷つけたっていい。
つまり、その、人の上に立ちたいという本能の出し方に問題があるんだ。別に人を見下したりしなくても欲望は達成できるはず。

シママはじゃあ、自分よりプログラミングができる人がいたらどうするの?

もっと勉強して、ソイツを追い越す!

そうだよね。人の上に立ちたいという本能があるのは結構。それを満たすために自分がパワーアップしたらいいんだ。
でも、いじめっていうのは、人を貶したり、見下すことで相対的に自分を上に持って行っている。

人任せで他力本願。本当に最低ね。

うん。そうなんだよ。自己を磨かないで、他人の落ち度ばかり批判して。いじめる人っていじめられる人に依存しているとも考えられるんだよ。

唯一の逃げ道=お勉強

高偏差値の学校に行けばいじめられなくなる

私が所属していたのは公立の中高一貫校でした。当時、この学校はできたばかりの新しい学校で有名でした。世間体を気にする母の影響で私はこの学校に入りました。ところが、行先の高校の偏差値は50くらい。普通の学校でした。

当時の私には高偏差値の学校に行けばいじめられなくなるという幻想を持っていました。
そこで、黙っていればそのまま付属高校へ行けたものを、その権利を蹴って偏差値65の高校へ行きました。
このとき、親とはものすごい激突しました。今思えば、この行為は自分の意志で唯一親に背けた行為だったのかなと思います。

黙っていりゃ、公立の高校生になれたんだ。そりゃ、親だって経済的に考えて「頼むから、黙っててくれ」って言うのが筋だと思う。

金の問題じゃないと思うけどな~・・。でも、キレイごとなしに私立の学費は高いからね。
もし偏差値65の公立高校の受験に失敗したら大変よね・・・。

うん。もの凄い覚悟だったと今でも思うよ。

いじめはなくなったけど、謎の孤独感を感じる

偏差値65の高校へ行くことにより、いじめはなくなりました。そこで初めて「友達」というものに出会いました。友達と遊ぶ楽しさも見出すことができました。
ようやく私は「普通」を手に入れたのです。当時の私の幻想というのは当たっていました。

ところが、どうも自分には友達が少ない、あるいは人に避けられている感じがする。そんな感じの悩みを抱えるようになりました。この悩みは社会人になるまで続いたのです。社会人になって多くの人と接することにより、この悩みが顕著になってしまいました。

その理由が、つい最近、わかるようになりました。

脳が疲れていたのです。

いじめを受けたくないと一生懸命になるほど疲弊する

小学校時代からずっといじめを受けてきました。私はみんなよりも弱い、みんなよりも劣っている、みんなと違う、みんなより性格が悪い・・・・。そういった固定概念を植え付けられてしまったのです。

みんなより強くなるためには、みんなと一緒になるには、性格の良い人間になるには、みんなから仲間外れにされないようにするためには・・・・頭の中でずっとそれを考えながら色々な人と接してきました。

そうしたら気づかないうちに脳が疲弊していたのです。脳が疲弊すると余裕がなくなり、その余裕のなさはオーラとして周囲に影響を与える。これにより「重い人」という取り扱いを受けることになり、人が離れて行っていたのです。

いじめの経験を受けた人ってのは、いじめられない様にするにはどうすればいいのか、好かれるようにするにはどうすればいいか、ということが最優先になってしまうんだ。

それじゃあ、周りが見えなくなってしまうんじゃないの?

その通りなんだ。時にはそっちに集中するあまり、人を傷つけてしまうことも・・・。

・・・それが、いじめを受けてきた人の後遺症ってこういうこと?

うん。いじめられないようにって、意識のベクトルが自分に向いちゃうでしょ?それじゃあ、人に心を開くことができないんだ。
意識のベクトルを外へ向けないといけないんだ。何をすれば相手は喜んでもらえるかな?って考えなきゃいけないんだ。

好かれなかったらどうしようとか、嫌われたらどうしようとか、いつも怯えている人・・・私の周りにもいるわ。
ひょっとしていじめられていたのかもしれないな~。

私はこれまで自然体じゃなかったのです。常に周りの目を気にして、神経を張り巡らさせ、自分の体と脳にムチを打って「いじめられるな」「仲間外れになってはならない」と自己暗示をかけてきたのです。そりゃあ・・傍から見たら「重い人」ですよね。

自然体で生きる

もう私は子どもじゃありません。だから昔の様に理不尽な理由でいじめられることもないのです。だから私は「仲間外れにされないように」と神経を張り巡らせる必要はもうないのです。

そのいじめられていたのかもしれない人って、正直近寄りがたいでしょ?

・・・うん。

子どもの頃のいじめ経験って大人になっても尾を引くんだ。
でも、いつまでも、この息苦しさを過去のいじめ経験のせいにするわけにもいかない。

だから、自然体で生きて心に余裕を持たせないといけないんだ。
少しでも自分の意識のベクトルが外へ向くようにできるようにならないといけないんだ。
嫌われないように、好かれるように、じゃなくて、何をしてもらったら喜んでもらえるかな~って考えなくちゃいけないんだ。

待ちなさい!!

・・・え?

さっきから「~しなきゃいけない」ばっかりじゃない。そうやって自分を追い詰めて、できるの?それ。

・・・

全部思った通りに出来りゃ、そりゃラクだろうけどさ、
しなくちゃいけない、できなくちゃいけないってそれ、結局重いよ。
まずはさ、ディープルが自然体でのびのびと生きられるようにできるようになるのが先でしょ?

変に着飾らなくても、そのままのディープルと友達になりたい人なんていくらでもいるよ。特にあなたは既に人の痛みをわかってるんだから。
それが自然体なんじゃないの?

私もディープルが少しでも自然体でさ、元気に生きられるようにサポートするよ!

・・・ありがとう

うん!だって友達じゃないの!

うん。

-心の問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

槇原敬之氏(マッキー)の印象に残る詩

目次1 うん2 まだ生きてるよ3 太陽4 犬はアイスが大好きだ5 Good Morning!6 Name of Love7 これはただの例え話じゃない8 キミノイイトコロ9 優しい歌が歌えない10 A …

槇原敬之氏の歌詞に見えるマイノリティの辛さ

目次1 軒下のモンスターの意味1.1 詩から見える同性愛者の苦しみ1.2 私もマッキーもマイノリティの存在1.3 空気がマイノリティを苦しめる1.4 “軒下のモンスター”はマイ …

不安感の整理の仕方

目次1 脳に負担をかける不安との付き合い方2 不安を整理するステップ2.1 考え事をノートに書きだして整理する2.2 集約した不安項目をカテゴリー分けする2.2.1 誰が何をしても解決不能なこと2.2 …

親父とおふくろに贈る通知表

目次1 真面目な私を作ってくれたおふくろに感謝2 私の意志を尊重してくれるようになった親父に感謝3 おふくろは私に強い「べき思考」を植え付けてしまった4 男の子でも泣くことを認めてほしかった5 誰のお …

沖縄に住む発達障害の友人に会ってきた

目次1 これはもう、沖縄に行くしかない!2 発達障害の友達に会って3 発達障害が理解の乏しい現代の日本社会 発達障害者との対話で感じたこと 2017年7月6日、私しままるは、Twitter上で会った発 …