しままるの雑記帳

しままるの思ったことや考えたことをアウトプットする場。「PC/プログラミング」「写真/旅行」「科学(勉強)」「心の問題」が主なテーマ。

心の問題

感謝の気持ちについて

投稿日:


感謝とは自然に溢れるものである

あなたの周りに、こんな人いませんか?

「俺のお陰でお前はちゃんと働くことができる」
「人に何かしてもらったら、感謝するのが筋だろう」
「誰のお陰で生活できているんだと思っているんだ」

こういう人と一緒にいるとなんだか疲れてきませんか?こういう人を恩着せがましい人と言ったりしますね。

逆に、自分は何もしていない、あるいは当たり前のことをしているだけなのにも関わらず、感謝の意を伝えてくれる人

というのもいますよね。こういう人と一緒に居たいなって思いませんか?

今回は、感謝の気持ちと

一緒に居ると疲れるなぁ という気持ちや
一緒に居ると気が楽になる、楽しい という気持ち

との関係性について考えていきたいと思います。

感謝の気持ちをお金に喩える

感謝の気持ちという実体のないものは「お金」という実体のあるモノに喩えて考えてみると、分析しやすいです。

人の気持ちをお金に例えるって・・・正直どうなの?
なんだかあんまりいい気分がしないわ。

まぁまぁ、そうカッカすんなよ。
オマエにもあるだろ?人と接してて心が温かくなる感じがしたり、心が冷たくなる感じがしたり。

そりゃあ、もちろんあるわよ。

でも、なんでかしら?接してて疲れる人がいたり、気が楽になる人がいたりするのって、これって相性の問題なのかしら?

相性の問題ってのもあるかもしれんが、疲れる人と楽になる人には一定の傾向があるな。

そういう傾向って何なの?

その傾向を説明するために、ちょうど良い喩えになるものがお金なんだ。

ふぅ~ん。

感謝の強要は人を遠ざける

オマエが今まで接してきた中で、一緒に居て精神的に疲れる人ってどんな特徴があった?

人のことをいきなり「オマエ」呼ばわりしたり、高圧的な態度で接してくるという特徴

・・・わるかったな。

冗談よ(笑)
(半分くらい本当だけど。)

そうね。恩着せがましい人かな。
私のおかげで~、俺のおかげで~って感じから話始める人。
そういう人に限って感謝の気持ちってわかないのよね~。

感謝の気持ちをカネに例えるとさ、
そういう言葉を発したり、そういう態度で接してくることって、何に相当すると思う?

感謝の気持ちをお金・・ねぇ。
感謝を強要してきているワケでしょ?お金よこせって言ってるようなもん?
・・・カツアゲ?

そうだ。カツアゲだ。感謝の強要をしてくるというのは、
感謝の気持ちのカツアゲ行為に相当する。カツアゲされりゃ、そりゃあ、気分のいいものではないよな。

「俺のお陰でお前はちゃんと働くことができる」
「人に何かしてもらったら、感謝するのが筋だろう」
「誰のお陰で生活できているんだと思っているんだ」

このようなことを言ってくる人は、恩着せがましいと冒頭で述べましたが、言葉を変えると、感謝を強要しているとも言えます。
そして、「感謝の気持ち」というのをお金に例えるならば、そういう行為はカツアゲしていることに相当します。

だいたいさぁ、感謝の気持ちって言うのは、自然に溢れてくるし、溢れてきたら、伝えたくなるものなのよ。
ありがとう、って伝えるべき人やシーンには、自然にありがとうって言ってるのよ。何も意識せずにね。

そうなんだ。感謝ってそういうもんだよな。人によくしてもらったら自然に湧き出てくる感情なんだよな。

あ、お金に喩えるんならね、この人に良くしてもらったから、そのお礼に今日の晩御飯奢ってあげようとか、
先日、上司に良くしてもらったから、名古屋のお土産プレゼントしようとか、そういう感じよね!

そうなんだ。感謝の気持ちというものは自然に出てくるものであって、そして、その気持ちを伝えることが気持ちいいと思うもんなんだ。
相手にお金を支払っているのは同じだ。
だが、カツアゲされたときと晩御飯奢ってあげたときとではまるで気分が違うだろう?

違うね。確かにね。

だから、恩着せがましい人というのは正直言って一緒に居ると疲れる。常に胸倉掴んで
カネよこさんか、コラ!
とかやってる人と一緒に居たくないだろう?

そうやって考えると、恩着せがましい性格ってムカつくわね~!

それと比べて、いつも良くしてくれる人で何も要求してこない人というのは、
何かお返ししてあげたいな。この人に何プレゼントしたら喜ばれるかな?って思うよな。
そしてその行為自体が気持ちいいし、
さらに、こういう人というのは何かプレゼントしたら、「ありがとう」と言ってくれる。
このありがとうのラリーが凄く気持ちがいいんだ。

そうね!それにお互い自然な感情でやり取りしているから、全然精神的にも疲れないよね!

感謝という気持ちは自然に湧いて出てくるものです。
感謝のカツアゲ行為をする人というのは、

なぜ感謝してくれないんだ。こんなに良くしてあげてるのに・・!

とでも考えているのでしょうか?その考え方は極めて独り善がりです。感謝されないのには必ず理由があります。その理由を考えずして、感謝されたいと考えるのは筋違いです。

確かに、感謝されたいという感情は誰にでもある感情です。誰もがお金が欲しいと思うのと同じことです。
感謝されたいのなら、まず自己を見つめなおして、「なぜ感謝されないのか?」「自分の好意を打ち消すような、相手にとって気分の悪いことをしていないか?」などを考えてみましょう。

感謝されるべく人は、感謝されます。 感謝されるに値しない人間は感謝されません。

ありがとうが言えない人

でもありがとうが言えない人いるじゃない?そういう人はそういう人でムカつくわよね!
アンタなんかそうじゃない。いつも高圧的な態度とってて、ワタシ、アンタから「ありがとう」ってあんま聞いたことないわよ!

そうか・・・それは、すまない。

・・・。

ごめん・・・ごめんな。

・・・わかってるわよ。アンタが感謝の気持ちを持てる人だってことは。だから私たちも含め、4人で長い付き合いなんじゃない。
(ちょっとストークの落ち込むとこ、見てみたかったのよね・・・・。)

・・・・。

なんとなしに分かるのよね。ありがとうって言えない人って基本感謝の気持ちを伝えるのがヘタクソなのよ。
お金に喩えて言うなら?なんか変なのプレゼントしたり、プレゼントしたいけど、プレゼント選びで悩んでタイミング逃したり、といったところかしら?

・・・なんかこう、面と向かって言うのが恥ずかしいな、って思うときはある。

分かってるよ。でも、これだけは覚えておいてよ?
ワタシは分かってるつもりだけど、他の人は知らないからね?
気持ち汲めない人なんていっぱいいるんだから。
だから、素直に感謝の気持ちが溢れてきたときは「ありがとう」って言ったら?

そうか・・そうだよな。

ありがとう。

ありがとうが言えない人、確かにいます。だからと言って、カツアゲしていい理由にはなりません。
人の財布をこじ開けさせるのは犯罪です。

ありがとうが言えない人は2パターンあります。

①感謝の気持ちは湧いているのに、それを伝えるのがヘタクソな人
②感謝の気持ちが一切湧かない人

①の場合は、良くしてもらった対価を支払いたいけども上手く支払えないだけですから、救いようがあります。
ただし、奢ってもらったり、プレゼントしてくれる人と一緒に居たいというのが人間の本能ですから、プレゼントする練習をしましょう。
気持ちが湧いたら「ありがとう」ということを意識的にしてみましょう。それを怠ると、やはり人は離れてしまいます。

②の場合について、
感謝の気持ちが湧くか湧かないかは、0歳~1歳のときに母親に大切にされたかどうかで決まるそうです。
従って、感謝の気持ちが湧かないというのは、自分のせいではないのです。
しかしながら、然るべき時に感謝しないというのはやはり人が離れていく要因になるので、
人生を良くするためにも、思い当たる節のある人はカウンセリングなどを受けてみることをおススメ致します。

感謝を振り撒いてくれる人の周りに人は集まる

私は今日、こんな体験をしました。

①横に長いタイプの椅子を使った電車に乗っていました(静岡市からの上り線)
②近くには、ベビーカーに乗った女の子を連れたお母さんがいました
③景色がいいので、私はその座席を離れてドア付近に立って景色を見ていました(由比駅周辺)
④私が離席した席に、お母さんが座りました
⑤いい景色の区間も終わって、富士川駅でお母さんの席の隣が空いたので、私がその席に座りました。
⑥お母さんに「ありがとうございます」と言われました
⑦私はなぜ感謝されたのか分からなくて、混乱しました
⑧お母さんは「席を譲っていただき・・・」と付け加えました
⑨席を譲った覚えはないが・・・と思ったが、とりあえず笑顔で「いえいえ」と答えました
⑩私は景色を見たいと思って離席したけど、お母さんは席を譲ってくれたと思って感謝してくれたことに気づき、心が温かくなりました。

あ~由比(ゆい)のところね~確かに景色いいわよね~!ワタシ東名下り線のPAで潮風に当たるのが大好き!
歌川広重の東海道五十三次の浮世絵に描かれるだけあるよね~!

それで、しままるがなぜ心が温かくなったか、わかるか?

そりゃ、感謝されたからでしょ?しかもこれ、自然に出て来てる感謝じゃない。奢ってもらったのと同じ気持ちなんでしょ?

それだけじゃないぜ。これ、棚から牡丹餅なハナシじゃないか?本人は譲ってあげようとしたわけじゃないのに感謝されたんだぜ?
お金に例えたら、思いもよらない臨時収入みたいな感じしないか?

そうね。席を譲ってあげます、ありがとうございます。っていうやり取りは普通にあるけど、ブログ記事に取り上げるほど大した話じゃないわよね。

なぜ、このような現象が起こったかわかるか?

え?どういうこと?

これ、しままるの行動を本人が考えている以上に、お母さんが「人の行為を良い方向に捉えた」から起こった現象なんだ。
物事をいい方向に捉えて感謝するってことだ。
元々お母さんは物事をいい方向に捉えるクセがついていたんだろうな。そして感謝の気持ちが湧き、そしてそれを惜しみなく伝える。

人の行為をいい方向に捉えられる人は、感謝の気持ちが湧きやすいのね。

ああ、こういう傾向の人は、お金に喩えれば、お金持ちだ。そして、出し惜しみもしない。

そういう人ってやっぱり一緒に居ると心が温かくなるのね!

富士駅で降りる時にも感謝されました。実は⑩はその後の事だったのです。それまでホンキでお母さんがなぜ感謝してくれたのかが分からなかったのです。
もうちょっと早く気づけていたら・・・。少しは気持ちのいい返しができたのかな・・・と思います。

私は景色を見たいから離席しました。お母さんは席を譲ってくれたと思いました。

その思考のプラス方向のギャップはお母さんが作り出したモノです。そしてそれは普段から人の行為を良い方向に捉えるクセがあったから作り出されたものだと思います。

人の行為を良い方向に捉え、感謝する。これはお金に喩えれば、受け取った側としては思いがけないボーナスです。
お母さんは自分でボーナスを生み出し、私に配ってくれたのです。だから私はいい気分になり、この記事を書いているわけです。

※ちなみに、アスペルガー症候群の方は「いえ、別に席を譲ったワケではありません」と正直に言います。おそらく、数年前の自分だったらそう言っていたと思います。
「よくわかんないけど、相手喜んでるし、まぁいっか~」って思えるようになったのはごく最近の事です。相手は喜んでいるわけですから、わざわざそれを踏みにじる必要もないですよね。
お母さんが作り出した、プラス方向の思考のギャップは潰さずに済んだかな。と思っています。

人の行為をいい方向に捉えて、嬉しくなり、感謝をする。
いわば、自分でお金を生み出して、皆に笑顔で配ってる・・・と言ったら生々しいが、
いつもみんなに笑顔で奢ってあげる、何かプレゼントしてあげるような行為というのは、まさしくカツアゲの正反対だよな。
感謝を振り撒く人って言うのは、一緒にいたら気持ちが楽になるし、楽しいよな。

ファビーなんかそんな傾向じゃないかしら?前、バレンタインデーに友チョコをあの子に送ったら
「わぁ~手作りなの?ありがと~!!」
って言ってくれたのよ。実は買ったもので手作りっぽく見える商品だっただけなんだけどね。

そうだな。笑顔で言われれば、自分の本心・・今回のケースなら、景色が見たかったとか実は販売してたチョコだったとかだな。そういうのがどうでもよくなって心が温かくなるよな。
ここは自然科学とは違うところだよなぁ~。正しい現象を理解して解明することが全てで、それができれば良いというんじゃなくて、
間違っているけど、人が喜んでいればそれでいい、むしろそっちの方が正解だっていうところは、人間味があっていいなぁって思う。

そうね。現にファビーっていつもみんなに好かれてるもんね。

それとさぁ・・・。俺、友チョコっていう文化、若干腹かく、あ、腹立つんだが・・・。

え?なんで?

なんっつーかな・・・その・・・。

え、アンタもしかして・・・。妬いてるの?

・・・・。

・・・・。

・・・・(余計なこと言っちまったな)。

自分がもらえると思ったものが実は友チョコだった時の残念感が嫌だってことでしょ!
やだ~もう!!っていうか、アンタにもあげたじゃない!(義理だけど) 
アンタも妬いたりすることあるんだ~!!

ま、まぁな。。。

感謝を要求する側か与える側か

一緒に居ると疲れるなぁ という気持ちになる人、
一緒に居ると気が楽になる、という気持ちになる人

というのは、感謝を要求する側か与える側かということに言い換えることが出来そうです。あなたはどちら側ですか?

俺のおかげで、私のおかげで・・・と言い続けて人が離れていっていませんか?
いつも笑顔でありがとうと言っている人は人気者な気がしませんか?

せっかくだったら、カツアゲするような寂しい人ではなくて、裕福で明るい人になりたいものですよね。

-心の問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

弟子(部下、子ども)への上手な叱り方と下手な叱り方

目次1 叱ることの目的2 上手な叱り方とは?3 下手な叱り方とは?4 まとめ 叱り方で部下がついてくるかが決まる 私のこれまでの人生を振り返ってみて思うことがあります。 科学が楽しいと思うのは科学の師 …

統合失調症は治ると断言した医者の話

目次1 本の紹介1.1 本の概要2 本記事の流れ3 統合失調症について3.1 症状3.2 統合失調症の診断方法4 松澤先生の業績1:統合失調症・うつ病・認知症は同じ病気であることを発見した5 松澤先生 …

うつ病になりやすい考え方

目次1 脳が疲れやすい考え方1.1 白黒思考1.2 極端な一般化1.3 結論の(悪いほうへの)飛躍2 まとめ うつ病になるかどうかはあなたの考え方で決まる うつ病とは脳の疲れによって発症する病気です。 …

生きづらさの正体(パソコン、タブレット用)

生きづらさの正体は何か? ※この記事はパソコン、タブレットで見ることを想定しています。スマホの方はこちら 私がうつ病になってから8カ月、そのうち4カ月半は休職期間でした。今はうつの症状はないものの、今 …

人が離れていく気がする 疎外感を感じる人へ

目次1 健康度の定義2 あなたの「疎外感」は人格的欠陥が原因ではない3 人格的欠陥とは何か?4 好かれる人間を演じると健康度が下がる5 あなたの疎外感は下がりきった健康度が原因6 自分を好きになろう7 …