しままるの雑記帳

コンピュータを楽しみ、写真を楽しみ、科学を楽しみ、時に真剣に生き方について考えるサイト

科学

移動現象論とは? 身近な例を紹介

投稿日:2017年3月21日 更新日:

こんにちは。今回は「移動現象論ってどんな学問?」という質問にお答えしたいと思います。

はじめに(移動現象論で何がわかるの?)

まず、移動現象論を学べばどんなことが出来るようになるのかと言いますと・・・

  • 水槽に垂らしたインクの濃度が均一になるのにかかる時間はどれくらい?
  • コップに入れたお湯が冷めるのに必要な時間はどれくらい?
  • 味噌汁をお椀に入れた時に出るモヤモヤはなぜできるの?
  • 魔法瓶はなぜ保温、保冷ができるの?
  • サラサラな液体と粘っこい液体をストローで吸い出すときに必要な力の差は?

といった疑問を解決することができるようになります。
こうして見てみると、「移動現象論」という学問分野に馴染みのない人は多いと思いますが、ほとんどの人が移動現象というのを普段から目の当たりにしていると思います。
それでは始めましょう。

 

移動現象論とは一言でいうと

「物質量、運動量、熱量といった物理量が移動する速さについて取り扱う学問」

 

物理量の移動とは?

物質量を例にとってみたいと思います。例えば、水槽の中にインクを垂らしたとします。
そしたらインクはどうなりますか?何もしなくてもインクはどんどん広がっていきますよね。終いには水槽の中全体がインクの色に染まってしまいます。

この現象についてよく考えてみてください。水槽は完全に静置した状態、別にかき混ぜてもいない、それなのにインクは勝手に(自発的に)広がっていきます。
インクが勝手に広がっていく。これは「物質量は多いところから少ないところ移動する」という自然の法則に則った現象なのです。

水槽にインクを垂らした直後は、垂らした部分だけインクの成分が集まっていて、それ以外の部分はインクの成分がほとんどない状態です。この状態に自然の法則を当てはめると、インクの成分の濃いところから薄いところへインクの成分が移動していきます。しばらく放置すると、水槽の中全体がインクの色に染まります。

 

移動の速さを表す式

「物質量は多いところから少ないところに移動する」という原則から「移動の速さ」について考えてみましょう。
物質量の移動の速さを表す式は次の通りです。

Jというのは単位時間、単位面積あたりに物質が移動する量です。単位を示すなら[mol・m-2・s-1]です。単位面積当たりという要素が入っていますが、[mol・s-1]から移動の速さを表していることに納得いただけましたでしょうか?

次に右辺を見てみましょう。Dというのは拡散係数[m2・s-1]です。これは定数で、物質に固有です。インクを例にとれば広がりやすいインクなのかどうなのか?という指標ですね。そして大事なのが

です。Cが濃度(単位体積あたりの物質量)[mol・m-3]、xが位置[m]を表します。そして∂は偏微分記号ですが微分は傾きを表すという原則を思い出せば、上の式は「濃度勾配」を表わしているということが分かります。

まとめると、物質量の移動の速さというのは
定数×濃度勾配
で表現できるのです。ものすごい濃いところとものすごい薄いところが接すると、速く物質が移動するということを表しています。

 

移動現象のアナロジー

アナロジーとは「類似性」を意味します。これまで物質量の移動を例にインクの話を進めてきました。
インクの移動速度は定数×濃度勾配でしたね。
熱量、運動量でも「類似した扱い」をすることが出来るのです。

例えば熱量の場合は「熱量は多いところから少ないところに移動する」
運動量の場合は「運動量は多いところから少ないところに移動する」といったように。

「熱量が多い」というのはすなわち「熱い」ということを意味します。熱いものと冷たいものを接触して置いておくと終いには温度が一緒になりますよね。
これは「熱いものから冷たいものへ熱量が移動した」ということになります。
その速度は

です。Jというのは単位時間、単位面積あたりに熱量が移動する量です。単位を示すなら[J・m-2・s-1]です。熱量の移動の速さを表しているのです。
λは熱伝導率(定数)、Tは温度、xは位置です。

は温度勾配を表しています。つまり、熱量の移動速度は
定数×温度勾配
で表現できます。

物質量の移動速度を表す「定数×濃度勾配」に非常に似ていますよね。

運動量の移動の式も

定数×速度勾配なのです。

 

まとめ

移動現象論というのは「物質量、運動量、熱量といった物理量が移動する速さについて取り扱う学問」です。インクの広がる速度は?コップの中のお湯が冷める速度は?といった疑問に答える学問です。

物理量(物質量、熱量、運動量)は

  • 多いところから少ないところに移動する
  • その速度は勾配に比例する

という原則に従っています。
いかがでしょうか?少しでも移動現象論を身近
に感じていただければ幸いです。

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

葉っぱの色はなぜ緑色なの?

目次1 理由を一言でいうと?2 可視光線3 葉緑体4 太陽の光5 太陽の光が葉緑体にあたると?6 色の正体7 当たり前を考える 理由を一言でいうと? 「葉っぱの中に含まれる葉緑体が緑色以外の可視光線を …

単純ヒュッケル法による分子軌道の計算と共鳴安定化

目次1 取り扱う物質の設定と求めるもの1.1 π電子共役系分子1.2 単純ヒュッケル法で何がわかるか?2 単純ヒュッケル法のエチレンへの適用2.1 分子軌道は原子軌道の線型結合2.2 分子軌道のエネル …

ドップラー効果の公式と問題例~高校物理のわからないを解決~

ドップラー効果は図を描いて解けば分かりやすく、簡単になる 明けましておめでとうございます。センター試験も近づいてきましたね。 ドップラー効果の計算はセンター物理に出てきます。ドップラー効果の計算はどの …

流動層のしくみ(まるで水のように振る舞う砂の不思議)

目次1 流動層2 砂を水のようにする仕組み2.1 流動層とは?2.2 普通の砂の状態2.3 砂にガスを吹き込むと・・・2.4 氷(固体)と水(液体)3 専門的な目で見た流動層3.1 流動層研究の意味3 …

勉強のやる気を引き出すためには

目次1 勉強のさせ方2 勉強のさせ方(反則技)3 勉強のモチベーションを保たせるために 勉強しなさいというほど、勉強しなくなる 「子どもが勉強しない!このままだと将来が心配!」 と悩むお母さん。 「勉 …