しままるの雑記帳

しままるの思ったことや考えたことをアウトプットする場。「PC/プログラミング」「写真/旅行」「科学(勉強)」「心の問題」が主なテーマ。

写真

カメラの選び方 一眼・ミラーレス・コンデジ

投稿日:2017年3月6日 更新日:

カメラ初心者が一番最初に悩むカメラの種類選びについて解説

なぁ、ファビー。俺も、本格的に写真をやってみたいけど、何を買えばいいのかわからなんだよなぁ~。
なんか、色々あるじゃん。

そうね。種類としてはコンデジ、ミラーレス一眼、一眼とあるんだけど、色んな人が色んなことを言うから迷っちゃうよね~。わかるわ~。

例えば・・・
・2万円くらいのコンデジ買ってもどうせすぐに高い機材が欲しくなるよ
・10万円はたいて一眼を買って、飽きてしまったらどうするの?まずはコンデジで慣れてからじゃないと
・ミラーレスはコンパクトでいいよ。持ち運びもラクラクだし
・いやいや、ミラーレスだとファインダーがデジタルだからタイムラグができちゃって~

などなど

俺ら初心者が聞くとよくわかんないよな。ファインダーとかセンサーサイズとかレンズ交換ができる、できないとかちょっと専門用語が出てくると困る。

私も、「写真が趣味です」と言えば周りの人は「やってみたいけど何を選べばいいのかよくわかんない」っていうのよ。
結局、一緒に遊びに行く友達はいたとしても、写真を撮りに行く友達って少ない。寂しいよ。

とりあえず、一眼・ミラーレス・コンデジの違いを説明してくれたら、嬉しいな。

わかった!

今回は初めてカメラを買う人向けに一眼・ミラーレス・コンデジの違いを説明し、目的別にどんなカメラを買えばいいのかを解説します。

一眼+ミラーレスとコンデジの違い

一眼、ミラーレスにできて、コンデジにはできないこと、それは
「レンズを交換すること」です。レンズが交換出来て何が嬉しいかと言いますと、
「色々な写真が撮れる」ことに尽きます。色々な大きさ(画角)、明るさの写真が撮れます。

レンズ交換によって写真のバリエーションが出てくるので、一眼やミラーレスは本体+レンズの組み合わせで色々な写真が撮れます。
周囲が明るい時用のレンズ、暗いとき用のレンズ、近いものを撮るためのレンズ、遠いものを撮るためのレンズなどなど組み合わせは自由です。

一眼やミラーレスはレンズの交換ができる。色々な種類のレンズがあれば、色々な写真が撮れるってこと!
近いものを大きく撮るためのレンズはマクロレンズ、遠いものを撮るためのレンズは望遠レンズっていうの!

でもさ、コンデジでも数十倍ズームとか言って、望遠で取れそうなものもあるけど、あれじゃだめなの?

コンデジでも望遠で撮ることはできるけど、あれは単純に、写真をトリミングしているだけなの。
だから、望遠にすると画質が悪くなってしまう。
一方で、一眼やミラーレス一眼に取り付けた望遠レンズは、レンズの中で光の道筋を調整して遠くのものを映しているから、画質は落ちない。
ホラ、望遠レンズってデカいでしょ?大きなレンズじゃないと焦点距離をとれないから、あんなに大きい形になるわけ。

なるほど。

画質の劣化がおきる「デジタルズーム」と焦点距離を稼いで画質が劣化しない「光学ズーム」で調べてみたらいいよ!

コンデジはあらゆる写真が機械任せになってしまい、拡大もデジタル的にやるので、どうしても拡大時の劣化は出てきてしまいますが、
一眼やミラーレス一眼の場合は自分でレンズを交換して光学系(被写体からカメラまでの光の道すじ)を調整することで、なるべくデジタルでの処理を少なくし、劣化を防ぎます。
一眼やミラーレス一眼は色々な写真をキレイに納得のいくまで撮りたいと言った場合におススメです。

とはいえ、記念撮影など一般的な写真を撮るにはコンデジで十分だと思います。ミラーレス一眼や一眼でこだわって撮るのもいいですが、その間にお友達を置いてけぼりにしてしまっては意味がありませんので。
思い出残しの写真という観点で見れば、ほとんどを機械任せにできるコンデジを使う方がよいかもしれません。

最近はよく、コンデジの性能を上回るかくらいのスマホのカメラも出てきているから、お手持ちのスマホのカメラと試し撮りをさせてもらうのもいいと思う!
遊びに行くんだったら、荷物は少ない方がいいし!

まとめると
「旅行の思い出残しのために写真を撮るならコンデジ、写真を撮るために旅行するなら
一眼やミラーレス」という感じでしょうか。
私も一眼とコンデジを持っておりますが、友達と出かけるときはコンデジ、一人で出かけるときは一眼を持っていきます。

一眼とミラーレスの違い

一眼の本名は「一眼レフカメラ」、ミラーレスの本名は「ミラーレス一眼カメラ」と呼びます。一眼には「レフ」という言葉があります。レフは反射を意味する言葉です。一眼のファインダー(覗くところ)を見てみると、目の前の景色が映りますね。これは鏡に反射されて映っているのです。そしてシャッターを押すとパカッとミラーが開いて目の前の景色がカメラの中へ記録されます。

ミラーレスはどうでしょうか?その名の通り、「ミラーがない」のです。シャッターを押すと直接目の前の景色がカメラの中へ記録されます。では、ファインダーには何が映っているかと言いますと、「目の前の景色がデジタル化されたもの」です。

一眼レフの場合、鏡越しの実際の風景を見ているから、撮りたいと思った瞬間にシャッターを押せる。
でも、ミラーレスの場合、センサーが見ている映像をデジタル化する処理が入っているから一瞬のシャッターチャンスを逃してしまう場合があるのよ。

以上より一眼とミラーレスのメリットをまとめてみるとこんな感じです。
(読んでいて?が浮かんだ人は下記だけでも見ていってくださいね)

一眼のメリット
・ファインダーを覗きながら目の前の景色をリアルタイムで追うことができる
(素早く動くものや流し撮りをするのに有効です)

ミラーレスのメリット
・ミラーがないのでコンパクト
という形になります。デメリットはその逆ですね。

一眼、ミラーレス、コンデジに共通して言えること

この3者に共通して言えることは本体性能と値段です。一般的にコンデジ<ミラーレス<一眼の順番に本体性能も値段も高くなります。
(ソニーのα7シリーズやシグマのQuattroシリーズのようなバケモノも存在しますがとりあえず置いておきますね。)

まとめ

以上をまとめますとコンデジ、ミラーレス、一眼は下記のニーズに合うかと思います。

コンデジ(スマホでの写真の取り方を工夫することも検討)
・カメラは欲しいけど、写真を撮る目的は他にある(思い出残しなど)
・カメラにあまり予算をかけられない
・軽さや小ささを重視したい

ミラーレス
・軽さや小ささを重視したい
・写真を撮ることそのものを目的にしたい
・カメラをいじることを楽しみたい
・風景や人物を撮りたい(被写体が予想に反する動きをしない)
・カメラに多少の予算はかけられるが一眼ほどかけられない

一眼
・写真を撮ることそのものを目的にしたい
・カメラをいじることを楽しみたい
・被写体が動き回るモノを撮りたい(動物、乗り物)
・カメラにたくさんの予算を割り当てられる
・カメラを本格的に趣味にしたい

私の体験談

私は写真を始める前は無趣味の「根暗ガリ勉君」でしたので、写真を始めるということは初めて趣味を持つということに相当し、私の人生にとってビックイベントだったのです。なので、一発奮起して当時レンズ含めて11万円の一眼レフを購入しました。結論を言えば、この私の選択は正解でした。私が興味を持った被写体は動物と乗り物だったので。今思い起こしてみれば運がよかったなぁ~と思います。
この記事を読んだ方が一人でも自分の納得のいく選択ができますように。

-写真

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ボケを出す方法とシャープに写す方法を解説(F値)

目次1 F値 基本事項2 F値の特徴2.1 明るさと被写界深度2.2 F値に関する用語3 F値と明るさ4 F値と被写界深度(F値による写真写りの違い)4.1 実際の写真を使ってF値の違いを実感する4. …

静岡県の最強!ハンバーグレストラン「さわやか」の攻略法!

目次1 炭焼きレストラン「さわやか」 とは?2 予約3 入店と受付4 順番待ち票をもらって待つor外出5 8組前になったら、メニューをもらう5.1 おススメメニューは?6 テーブルに着いて、いただきま …

【備忘録】画像ビューア「Leeyes」の使い方

目次1 Leeyesの良い点2 Leeyes利用の難しい点3 Leeyesのインストール・プラグイン設定3.1 ダウンロード・インストールの方法3.2 プラグインの導入方法3.3 上記設定でもjpeg …

うさぎ写真館 (大久野島)

目次1 写真2 まとめ 大久野島のウサギたち 広島県の中部に大久野島と呼ばれる半径3㎞くらいの小さな島があります。その島は第二次世界大戦の際、毒ガスを製造している島で、「地図にない島」でした。毒ガスを …

駿河湾を一望できる巨大スパ 「駿河健康ランド」に行ってきた!

目次1 駿河健康ランド 基本情報1.1 するけんの歌1.2 場所(アクセス)1.3 料金2 駿河健康ランド 感想2.1 大浴場2.1.1 露天風呂2.1.2 屋内のお風呂2.1.3 全身浴風呂2.1. …