しままるの雑記帳

しままるの思ったことや考えたことをアウトプットする場。「PC/プログラミング」「写真/旅行」「科学(勉強)」「心の問題」が主なテーマ。

科学

勉強のやる気を引き出すためには

投稿日:2017年3月14日 更新日:

勉強のやる気が出ない!友達と遊びたい!ゲームしたい!いつのまにかYouTube見てる!
と悩む中学生、高校生の皆様。
子どもが勉強しない!このままだと将来が心配!
と悩むお母さん。

そんな風に悩む気持ちは分かります。
高校生までの子に勉強のやる気が出ないのは当たり前なんです。
やる気を出す/出させるには三種類の方法があると思います。

①具体的な目標を持つこと
勉強そのものを楽しめること
無理矢理躾けて勉強させること

私は①の目標で勉強を進めてきましたが、やる気は出ませんでした。
テストでいい点をとるとか有名大学に合格するという目標を一応持っていましたが
まだまだその先のことが分からず目標が大雑把すぎたからです。
私が勉強を進めた主なモチベーションは③でした。
私の親は「国公立大学じゃないと大学行かせないから」
「大学行かないといい人生にならない」の一点張りだったのです。
算数のテストで80点以下をとると私の母親はヒステリックになって
モノを投げてきたり、寒い冬の中外へ締め出されたりするのです。
理科のテストで60点をとってきた時には分厚い問題集をもってきて、
これを1週間でやれと言ってきました。

しかし、これで良かったのでしょうか?

①や③はあてにならないのです。勉強をする子どもにはこの先の人生なんて分からないですし、
恐怖を押し付けて勉強して得られるものはあっても、それと同時に副作用を生じると思うのです。

だったら②をモチベーションにしましょう。

子どもは素朴な疑問を持ちます。
空は何で青いの?葉っぱはなぜ緑色なの?青色の血ってありえるの?
飛行機はなんで飛ぶの?僕たちはお空を飛べないのに、鳥は何で飛べるの?
全部学問、勉強につながります。
中学生、高校生のみなさんは疑問を持ったら色々調べてみてください。
今は調べものをするのに大変便利な時代になりました。
お父さん、お母さんはぜひお子さんと一緒に素朴な疑問を解決してあげてください。
この取り組みが「勉強楽しい!」につながると思います。

私は大学生になってから②をモチベーションにできるようになりました。
でも、人生をやり直せるならもっと早くから②の世界を知りたかったのです。

私はそのお手伝いをしたいのです。

これを読んで少しでも多くの人が勉強を楽しめますように。

-科学

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

マクスウェルの方程式の直感的解釈

目次1 4つの基礎式2 変数の説明3 発散、回転3.1 発散3.2 回転4 4つの方程式の意味4.1 マクスウェル-ガウスの式4.2 磁場保存の式4.3 ファラデー・マクスウェルの式4.4 アンペール …

統合失調症は治ると断言した医者の話

目次1 本の紹介1.1 本の概要2 本記事の流れ3 統合失調症について3.1 症状3.2 統合失調症の診断方法4 松澤先生の業績1:統合失調症・うつ病・認知症は同じ病気であることを発見した5 松澤先生 …

ベクトル解析の回転のイメージ

目次1 回転の定義2 回転のイメージ2.1 右ねじの法則2.2 回転を数式で表す2.3 川に流される桜の花びら2.4 回転を数式にする2.5 渦度 回転の数式と現象のイメージを結ぶ 流体力学、電磁力学 …

物理や化学の計算が簡単にできる方法

目次1 学校で教えられる計算方法2 単位も一緒に計算しよう3 単位を使って計算すればミスが防げる4 単位を使う計算方法は色々なところで使える5 まとめ う~ん・・・。物理や化学って難しい。 どんなとこ …

ベクトル解析の勾配のイメージ

目次1 はじめに2 勾配のイメージ2.1 偏微分2.2 偏微分にベクトルの概念を入れてみる3 ポテンシャル 勾配の数式と実際のイメージを結ぶ 流体力学、電磁力学には「∇」といったベクトル解析の演算子が …