しままるの雑記帳

しままるの思ったことや考えたことをアウトプットする場。「PC/プログラミング」「写真/旅行」「科学(勉強)」「心の問題」が主なテーマ。

プログラミング

パソコンのスペック

投稿日:2017年5月31日 更新日:

良いパソコンって何なの?パソコンのスペックについて解説!

家電量販店に行けば、いろいろなパソコンが売っていて、いろいろな値段がついています。安いものは2万円くらいから高いものは20万円くらいまで。これだけ価格帯が広いのにはしっかりとした理由があるわけですが、その理由を理解し、検討し、購入するというのはなかなかハードルの高いものであります。本記事では、スペックが高いとか良いとか、そういった言葉を具体的に理解して、検討・購入することができる(賢い買い物ができる)よう、パソコンのスペックについて詳細に説明したいと思います

基本事項

パソコンについて詳しくなって買い物をするにあたって、必須な考え方はこれです

パソコンは、様々な機械の集合体である

これについては、私の過去の記事「パソコンの基本(構造と仕組み)」


にて説明しております。まず、この概念、考え方が必須となります。

CPU

CPUはパソコンの脳に当たるものです。CPU選びが一番大切で、質の悪いCPUだと他のパーツの質が高くても、そのスペックを発揮できません。良いCPUの代表格はintel社のCoreシリーズです。やはりCoreシリーズは自作PCのマニアの間で、高値で取引されています。同じintel社でもCeleronシリーズは避けた方が良いでしょう。そのCPUを使っている上でメモリを増築したり、SSD換装したりしても、思ったほどスペックは高くなりません。
私がパソコンを選ぶときは、搭載されているCPUのスペックをまずチェックします。

優秀な人にたくさん本を与えて、広いデスクを与えてあげれば、バンバン仕事してくれるよね!それと同じイメージだよ!

目的別 良いパソコンの考え方

事務利用

事務利用(Microsoft Office)中心で、基本的なネットサーフィンしかしない場合、OSを動かすのに十分なスペックは?という観点で考えます。
ちなみにWindows10を動かすにはメモリ4GB以上は欲しいところです。SSDだとなお良いでしょう。

ぼ、僕はパソコンを立ち上げる速度が速くて、エクセルとかパワーポイントとか立ち上げるのがスムーズにできるやつがいいなぁ・・・。デスクトップのアイコンをダブルクリックしてから、使えるようになるまでちょっと時間がかかって嫌だよ。

OSはなあに?

Windows10だよ

メモリはいくつ?

えっ!?メモリ!!?どどど、どうやって調べればいいの??

まぁまぁ、そんなに慌てないで。

メモリ容量はコントロールパネル→システムとセキュリティ→システムで実装後のメモリ容量を確認します。
例えばこんな画面。私のPCのメモリは6GBです。

ディープル君(灰色のキャラ)のメモリは2GBで、CPUはCorei5でした。

2GBか~そりゃ遅いよ~。でも、Corei5だから、メモリ増設すればなんとかなるね!

メモリ増設ってどうすればいいの?

パソコンの裏蓋を開けて、カードみたいな部品を差すだけだよ。ちょっと中身見せて!

メモリの増築方法については、こちらで詳しく説明してます

ディープル君の使っているパソコンの裏蓋を開けてみると、こんな感じのごちゃごちゃした、いかにも触るといけなさそうな機械たちが姿を現しました。

わわっ・・・

その中の、メモリスロットと呼ばれる部分がこんな感じになってました

うわぁ~メモリスロットが4個もあるのに1個しか差してないとかもったいない!!

ご・・ごめんなさい・・・

(別に謝ることないんだけどなぁ・・・)わかった!ワタシの余った1GBのメモリがあるから、それ2枚プレゼントして、つけてあげる!そしたら、メモリが4GB になって少しは快適になると思うよ!

え?いいの??

うん!いいよ!マニアの間では1GBのメモリなんてもうゴミみたいなもんだから。

メモリを増築し、再起動…

どお??

あ!すごい!!少し早くなった!!

あと、ディープル君が使っているのはハードディスク(HDD)だから、ソリットステートドライブ(SSD)にするともっと早くなるよ!SSDは15000円くらいで買えるよ!

う~ん。そっちはまだいいや。

でも、ありがとう!

開発利用(CAD,CAE,大規模プログラミング,サーバ構築等)

数値シミュレーションのような負荷のかかる計算やアルゴリズムを実行したりする場合には、それなりのスペックが必要です。例えば、無料の数値流体力学解析ソフトOpenFOAMのようなものを利用したり、3次元CADでモデリングしたり、あるいは自分で計算負荷のかかるシミュレーションコード開発をしたりする場合には、事務利用レベル以上のスペックが求められます。
CPUはCoreシリーズが必要なことはもちろんのこと、Xeonと呼ばれるサーバ構築向けに作られた、さらにハイスペックなCPUも検討にいれます。
メモリは16GB程度必要です。
もちろん、これ以上あるに越したことはありません。また、HDDのままでいいか、SSDにすべきか、は状況によります。書いているアルゴリズムがHDDにたくさんアクセスするようなもの(例えばCAEでは、計算結果を吐き出す回数が多いもの)の場合、SSDにした方がいいかもしれません。

ちなみに、OpenFOAMについてはこちらの記事で詳しく説明があります。

俺さぁ、OpenFOAMの使い方は大体わかったんだけどさぁ、計算に時間がかかるんだよねえ~。もっと早くできるようになったらいろいろな計算が試せるんだけど、どうにかなんないのかなぁ?

メモリは?

8GB積んでる。SSDにもして、SSDにはOSだけ入れて、データはHDDに入れてる。

うん。いい使い方だね!CPUは?

「Celeron D341」 クロックが2.93GHzあるから、まぁいいかな~と思って。

あ~そっか~。確かにクロックは一つの指標だけど、やっぱCeleronは止めた方がいいよ。
う~んと・・あ~ストークの使ってるCPU、100円で取引されている。

まじかよ・・・

CPUの質が悪いといくらメモリを積んでもSSDにしてもその実力が発揮できにくいんだよ。

やっぱCoreシリーズにした方がいい感じなのか

そうだね~ストークくらいハイアマチュアな使い方をするんだったら、Corei7がいいね。マニアが大体15000円くらいで売りに出してるから、見てみなよ。改造するときはワタシが手伝ってあげる。

わかった。サンキュー

あっ!大事なこと忘れてた!!

なんだよ

「Celeron D341」のソケット数は775で、coreシリーズのソケット数は1155だったり、1156だったりなのよ。つまり、Celeronを外してそのままCoreシリーズを取り付けることはできないってことなのよ

どーすりゃいいの?

マザーボードごと交換ね。改造費がもっとかかるよ。新しいパソコンを買った方がいいかもしれない・・・

はーまじか・・・

3Dゲーム利用

最近は、3Dのゲームが増えてきていて、FF14などが注目されていますね。3Dのゲームをするには、それなりのスペックのあるパソコンを使用しないと動作がカクカクになってゲームでストレス解消するどころか、ゲームでストレスとためることになりかねません。3Dでゲームをするには、CoreシリーズのCPUを使用することはもちろんのこと、メモリは16~32GB程度、SSDを使った上で、もう一つ大事な要素が「ビデオカード」です。これは、映像を信号として入出力する機器です。ビデオカードの主力なメーカーはNVADIA社です

3Dゲーマーが例えば攻撃するコマンドを打つじゃない。そしたらコンピュータの中でそれを処理して、その結果を攻撃アクションとしてゲーマーが見える形にするの。その時、入出力の処理能力が強靭なものでないと動作がカクカクになっちゃうの。

それって、どんなにCPUやらメモリやらSSDとかが優れていても、大量の情報量を僕たちが見える形にする能力が不足していたらダメってこと?

そうそう!その通り!

俺は、コンピュータの中での処理の速さを求めているから、別にビデオカードについて考えなくてよかったわけだ。あ~でも、計算結果をかっこよく3D で表現したいとか、すごい複雑な3DCADをするときは必要になるんだろうな。

ねーねー!!シママ!アタシも3Dゲームやってみたいんだけど、結局どうすればいいの?そのビデオカードでいいやつを使えばいいの?

そうなんだけど、いいビデオカードと言われているのがNVADIA社のGeForceシリーズだね。

なにそれ!!?GTXとかいろいろあってわけわかんない!

(・・・少しは自分で調べなさいよ) GTXは等級のこと。いまのところGeForceシリーズでは「GeForce 840 M」のような無印と「GeForce GTX 980」のようなGTX等級があるね。そうだな~例えるなら普通車とグリーン車の違いってとこかな?

おーわかりやすい!!980っていうのは?

これは世代。新幹線でも300系とか700系とかあるでしょ?どれだけ新しいかってこと。数字が大きくなるほど新しいものなんだよ。そして、ビデオカードにもメモリっていう概念があって、1GB~8GBまで様々。

どんぐらいあればいいの??

う~ん。それがね。私、3Dゲームしたことないからよくわからないのよ。

3Dゲーム利用については、私自身の知識が不足しています。今後、いろいろ情報収集していこうかなと思います。
3Dゲームにハマってて、情報提供してくれる方を求めています。

まとめ

以上、パソコンの利用用途ごとに「良いパソコンとは何か」を4匹のキャラクター総動員で説明しました。この記事を読んで、少しでもパソコン選びの参考にしていただければと思います。

-プログラミング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[比較]モバイルルーターどっちにしよう?(y-mobileとwimax)

目次1 結論から言えば、UQ-mobile2 価格(支払金額、料金システム)2.1 利用料金の中身のカラクリ2.2 きわめて不便な使い放題(305ZTの場合)2.3 1GB/3日の制限(305ZTの場 …

Excelマクロを利用した、看護記録の作成

目次1 作成動機2 初期状態3 常備薬のチェック4 頓服のチェック5 「良かったこと日記」を作りましょう6 寝る前に「おやすみなさい」ボタンを押す7 まとめ 私の健康チェックマクロを紹介します 今日は …

【図説】パソコンの仕組み

目次1 パソコンは装置の集合体2 装置の集合体にOSを入れるとパソコンになる3 各種装置は取り換えることができる4 まとめ5 おまけ:パソコンと言う言葉 【図説】パソコンの基本(構造と仕組み) 私はこ …

[備忘録] gnuplotのダウンロード・インストール方法と使い方

目次1 インストール2 対話的使用法3 スクリプトを使った方法4 gnuplot実践4.1 描きたい式4.2 gnuplotにおける極座標4.3 描画5 まとめ 対話型グラフ描画ソフト gnuplot …

簡単図説!自作PCを作ってみよう!

目次1 はじめに2 部品を揃える3 ハードウェアの組み立て3.1 CPUとクーラーをマザーボードに取り付ける3.1.1 グリースを塗る3.1.2 CPUをマザーボードに載せる3.1.3 CPUファンの …

管理人


名前:しままる
年齢:20代後半
趣味:写真、科学の勉強
好きなもの:動物、新幹線、飛行機
元職業:メーカー技術系職員
現職業:好きな場所・好きな時間で働く自由人

お問い合わせはこちら

↓最近の記事