[備忘録] htmlにおけるメッセージ展開のプログラム

メッセージ展開、収納のプログラム

ブログを書いていると、ついつい文字数が多くなって、読者が読みづらいのではないかな・・・と思うようなことが度々あります。こんな時、カットすべきところはカットして、読みたい読者だけがカットした部分を読めるように記事の一部を畳めるようにしています。今回はそのhtml文書の書き方の紹介です。

サンプルプログラム

メッセージ展開・収納のプログラム

[wp@ex more=”More..” less=”Close”] あいうえお
[/wpex]

more=””の部分にメッセージを展開するときにクリックする文字列を
less=””の部分にメッセージを畳むときにクリックする文字列を書きます。

シママ

実際に使用するときは@の部分を消して書いてね!
この記事では、プログラム文を残すためにわざと@を入れて書いているので。

動作確認

メッセージ展開・収納のプログラム
開く

知っている人がいたら教えてください

シママ

今回のwpexのように、htmlにも予約語というものがあると思うんだけど、その予約語による機能を無効化する方法っていうのがわからなかったのよ。今回は無理やり@を入れることで対処したけど。

シママ

その予約語を無効化する方法を知っている人がいたら教えてください。よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です