生きづらさの正体を理解して克服するための手順

資料請求番号:DE21

生きづらさ克服フローチャートを使って幸せな人生を送ろう

※この記事はパソコン、タブレットで見ることを想定しています。スマホの方はこちら

私がうつ病になってから1年、そのうち4カ月半は休職期間でした。今はうつの症状はないものの、今後再発する可能性はあります。

もう二度とこんな想いはしたくない

そう誓った私は、

・生まれた時から今まで、どんな風に育ち、どんな風に「自分」というものが出来上がってきたのか、
・して、なぜこんな状態になってしまったのか、
・今の「生きづらさ」は一体何なのかを

徹底的に本気で(受験勉強をやるくらい)勉強してブログにあげてきました。

このページはその記事群の「まとめ」ページです。

虐待だらけの機能不全家族で育ち、義務教育機関にはいじめを受けた私は左側のルートを辿り、
今、右側の「充実した人生」にシフトしようと舵をきろうとしています。

「生きづらさ」を抱えている皆さんも私と一緒に「充実した人生」にシフトしませんか?そのために、生きづらさの原因を理解して、原因を潰し、充実した人生の意味について理解し、それを目指しましょう。

「心の問題」というのは極めて難しい問題です。定義不明のフワフワした問題です。この問題を抱えていない人(右側の人)は難しすぎる問題なので、「メンタルが強い/弱い」で片づけてしまいます。
しかし、それでは私は納得がいかなかったのです。私は明らかに左側の人間ですし、なによりフワフワしたものが大嫌いなのです。

そして、そのフワフワしたものでもう傷つきたくないのです。せっかく休職して時間があるんだから、この難しい問題にチャレンジしてみたい。そうして、ここまでわかってきたものを書き残しています。

生きづらさを知るためのフロー図の使い方

私たちは以下の左のフロー図に従って生きてきたというのが私の現在の見解です。

また、水色に塗られたボックスがありますが、これは関連リンクがあることを示しています。この関連リンクにフロー図の付加的説明を与えています。

下記、フローに従って行けば、生きづらさの正体を見出し、具体的にどのように行動すれば良いかがわかるように作成しました。

※この記事はパソコン、タブレットで見ることを想定しています。スマホの方はこちら
※フローシートの水色ボックスをクリックすると関連ページに飛びます
少し文字が読みづらくなるかと思いますが、ご了承ください。











コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です