しままるの雑記帳

しままるの思ったことや考えたことをアウトプットする場。「PC/プログラミング」「写真/旅行」「科学(勉強)」「心の問題」が主なテーマ。

心の問題

生きづらさの理解と克服

投稿日:2017年5月1日 更新日:

生きづらさの理解と克服

このページは「生きづらさの正体」のページ(こちら)とリンクしています。生きづらさの理解と改善によって、私と一緒に充実した人生への道を探しにいきましょう。

この記事では、私たちの「生きづらさ」を克服するための考え方を書いたページへのリンクを記していきます。(私が今までに書いた記事のまとめです)

生きづらさを理解し、克服するための基本理念

まず始めに、「生きづらさ」を克服するために、まずは以下の3つの基本理念を了解してください。

・あなたはこの世に存在してよい/必要とされる存在である

・あなたは完璧でなくとも愛される

・あなたのこころが弱っているのはあなたのせいではない

そして、以下を読み進めてください。

うつ病を治す(=脳を休める)

「生きづらさ」が原因で、仕事が手につかない、今にも自分を傷つけてしまいそうだ、など生活に支障が出ている人はまず、脳を休めてください。そして、極度なマイナス思考、不安感を改善するための「3つの行動」をしてください。

うつ病、極度のマイナス思考、極端な不安感を治すための3つの行動

再発を防ぐ

うつ状態、極度のマイナス思考、極端な不安感は「生きづらさ」が原因になっていますので、「生きづらさ」を克服しないと再発します。次の考え方を理解してください。

・生きる者の誰もが自己肯定感を大切にしている。
・生きる者の誰もが自分の心の健康を大切にしている。

上記の基本的考え方をもとに、人との接し方を治してください(注:治すという言葉に傷つかないで、基本理念を思い出してください。今の状態を作った責任はあなたではなく家庭や教育環境にあります。)

・朝起きたら、自分を具体的に褒め、エネルギーを補充する。

・自分の心が健康でないと、人は離れていくということを知る

・悪い会話と良い会話の指標を知り、実践する。

 

責任は私にはないことを確認する

あなたの「生きづらさ」は損なわれた「自己肯定感」にあります。それを喪失させたのは、機能不全家族であり、粗悪な教育環境(いじめ)であることを再確認してください。(※生きづらさのフロー図:こちら
また、自分がされたことは極めて凶悪な行為であることを思い出し、気づかぬうちに周囲の人に同じことを繰り返していないかを確認して下さい。

私の「生きづらさ」の調査で報告することは以上です。さあ、私と一緒に「生きづらさ」を克服して人生を楽しくしましょう!!

-心の問題

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

私には価値がないと思っている人へ

目次1 人間の価値は曖昧1.1 一般論で言えば人間の価値は曖昧で良い1.2 人間の価値を定義しようと思った理由2 価値のない人間とは3 この世の不条理4 人間の幸福感5 まとめ 生きているだけで「価値 …

うつ病の治療法(治し方を3ステップで紹介)

目次1 うつ状態を治すということは脳を休ませること1.1 ①よく寝る1.2 ②自分の好きなことを楽しむ1.2.1 ※私の趣味1.3 ③無理をしない2 まとめ うつ状態を治す3つのステップ 私の記事「う …

自己肯定感を奪う魔物~機能不全家族・いじめ~

目次1 生まれつきの脳の障害を負った人は「生きづらさ」を抱えやすい大人になる2 機能不全家族で生まれたアダルト・チルドレンの苦悩3 いじめ被害は大人になってからも大きな後遺症を残す4 虐待やいじめの後 …

沖縄に住む発達障害の友人に会ってきた

目次1 これはもう、沖縄に行くしかない!2 発達障害の友達に会って3 発達障害が理解の乏しい現代の日本社会 発達障害者との対話で感じたこと 2017年7月6日、私しままるは、Twitter上で会った発 …

人が離れていく気がする 疎外感を感じる人へ

目次1 健康度の定義2 あなたの「疎外感」は人格的欠陥が原因ではない3 人格的欠陥とは何か?4 好かれる人間を演じると健康度が下がる5 あなたの疎外感は下がりきった健康度が原因6 自分を好きになろう7 …