ストックフォトの審査に通らなかった写真を紹介(下手な写真の代表例)

資料請求番号:PH11

ストックフォト審査落ちのコメントから写真技術を反省する

ストックフォトの審査が厳しく、せっかく撮ってあれこれ考えてタグ付けした写真が却下されて残念な思いをした方もいらっしゃるかと思います。
私も何枚かの写真の審査が通りませんでした。審査が通らなかった場合、審査が通らなかった理由を教えてくれます。この理由をしっかりと受け止め、反省すれば写真技術向上につながると考えます。
今回は反省して写真技術を向上させるために、審査が通らなかった写真を紹介し、その傾向を分析してみます。

※今回紹介する写真は全て「Shutter stock」で却下された写真です。

却下作品その1

紅葉のライトアップ

Shutter stockのコメント

Rejection Reason:Focus — The main subject of this image is not in focus.

写真の主題に焦点が合っていないとのことです。私としては楓の葉一枚を主題にして残りをぼかすという方針でしたが、

ぼかした部分が裏目に出てしまったみたいです。

却下作品その2

背景加工したウミネコ


翼部分の拡大写真。確かに背景との分離がちゃんとできていない。

Shutter stockのコメント

Poor Post-Processing — Image has quality issues from post production techniques such as cloning or isolation.

背景分離などの後処理技術に問題あるとのこと。つまり後処理がヘタクソという理由で却下されました。

shutter stockには背景加工した動物の写真がたくさんありますので、私も背景を真っ白にしてみようと思ったのですが、被写体と背景の分離(isolation)が上手くいっていなかったようです。

出直してきます。

却下作品その3

毛づくろいする鹿

Shutter stockのコメント
Exposure — Image is extremely underexposed or overexposed.

露出に問題あり。露出アンダーか露出オーバーがあるとのこと。
おそらく毛づくろいされる側の鹿に太陽の光が思いっきり当たっていて鹿の顔の一部が白飛びしていたのが原因かと思います。

却下作品その4

秋田新幹線の流し撮り

Shutter stockのコメント
Composition — Distracting elements are entering the frame obscuring the main subject or the horizon line is unintentionally crooked/skewed.

Compositionというのは「組成」という意味ですが、どうやら写真の中の構成物に問題があるようです。読んでみると
構図の中に余計なものが色々あって主題がハッキリしません。または、水平線が曲がっているか歪んでいます。とのこと。
確かに、主題は新幹線でありますが、構図の中で占める割合はわずかですね。あと、これは福島駅で通過する新幹線を撮ったので、水平をしっかりとるのは至難の業でした。
流し撮り写真を審査に通すのは難しそうです。

まとめ

以上、Shutter stockで却下された写真4枚を紹介しました。却下理由をまとめると
・フォーカス(焦点)が合っていない
・後処理(背景の白抜き)技術が不足
・露出オーバー/露出アンダー(白飛び、黒潰れ)
・構図(主題がはっきりしない)
でした。Shutter stockの審査を通すための参考にこの記事を書いてみましたが、
まとめてみると、これらは一般論として品質の低い写真の要因な気がします。
逆に言えば、上記を意識して写真を撮ればよい作品ができるということです。
Shutter stockのお陰で勉強できました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です