しままるの雑記帳

しままるの思ったことや考えたことをアウトプットする場。「PC/プログラミング」「写真/旅行」「科学(勉強)」「心の問題」が主なテーマ。

副業

MLMとは何か? ~宣伝戦略としてのMLM、ねずみ講との違い~

投稿日:2017年10月7日 更新日:


MLMとは何か?経営・法の観点から解説

皆さんはMLMというアルファベット3文字を見てどう思いますか?

マルチ商法・・?ねずみ講?

なんだか詐欺のような感じがしちゃう

お前はMLMについてちゃんと調べたか?経営学的観点から、法的観点から。

いや・・・ないよ・・・

じゃ、MLMという言葉を聞いて詐欺と考えてしまうのは、思考が浅いな。

う~ん・・・

この記事ではMLM(マルチ・レベル・マーケティング)とは一体どんな商売・取引なのか、経営と法の観点から解説し、MLMとは似て非なる別物「ねずみ講」との違いを法の観点から解説します。
最後にどんなMLM案件がおススメなのかを説明します。

ちなみに私の専門は工学、特に化学と物理ですので、至らぬ点があるかと思いますが、よろしくお願い致します。

※参考図書

江頭俊文著,パーフェクトドリーム-ネットワークであなたの人生を成功に導く完璧な方法,あさ出版,2009年

経営学的観点から見たMLM(マルチ・レベル・マーケティング)

マーケティングとは?

わけのわからん英単語が出てきたら、英単語の意味を調べてひとつづつ解釈していく。これは文系の勉強にも理系の勉強人も通ずる勉学の基本です。
まず、マーケティングとは何でしょうか?wikipediaで調べてみましょう。

企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ための概念

とあります。ちなみに、ネットビジネス成功の秘訣シリーズその1では、ビジネスとは
お金を持っている人や法人を相手にし、その相手に何らかの価値を与えることで満足させ、その対価として十分な報酬を得る。
と定義しています。

つまり、ビジネスを効率よく進めていくためには

①顧客が真に求めるものを考える
②それを商品やサービスとして具現化する
③商品やサービスの情報を届ける
④顧客が価値を効果的に得る

この4つのプロセスを踏まなければなりません。

マーケティングとは4つのプロセスを、今ある人・モノ・時間・お金でいかに実現するかの作戦(戦略)、仕組のことを言います。

マルチ・レベルとは?

マルチとは「多数の」、レベルとは「階層」を意味します。つまりマルチ・レベルは「多数の階層」を意味します。

多数の階層のマーケティング??ますます意味わからないや。

マルチ・レベル・マーケティングの直訳は?

マーケティングは4つのプロセスからなると言いましたが、話を簡単にするために③に絞って考えてみましょう。そしたらどうなりますか?

多数の階層で、商品やサービスを宣伝する?

イメージが近くなってきましたね。例え話をしましょう。

一階層で商品やサービスを宣伝する(SLM)

とある美容院があります。そこの美容院は腕も確かで、会話も上手な素敵な美容師さんがいて気に入っているので、常連になっていました。ある日、美容師さんが
「私のお店をあなたの友人に紹介してくれませんか?もし、あなたの紹介で、あなたの友人がカットサービスを受けてくれたら、その代金の10%分のクオカードをお渡しいたします。」
実際にあなたは友人に紹介してカットサービスを受け、その代金の10%分のクオカードを受け取りました。さらにあなたは多くの友人に紹介し続けたらどうなるでしょう?

10人に紹介したら、カット代が浮くよね。

その通りです。あなたはタダでその美容院のカットを受けることができます。

でも・・・友達なんてそんなにいないよね・・・。

その通りです。10人に紹介できることは、ほぼないと思います。
友達がたくさんいたといたとしても、友達にはもうすでに行きつけのお店があるかもしれません。
また、「こないだ髪切ってきたばかりだから、行っても2か月後ね。」と言われ、実際、2か月したらその友人が紹介してもらったことを忘れていた。ということも普通にあり得ます。

この美容院の例え話はSLM(シングル・レベル・マーケティング)に留まっています。つまりは「一階層で、商品やサービスを宣伝する」ということです。

多階層で商品やサービスを宣伝する(MLM)

3人宣伝してきたあなたに美容師さんは嬉しそうにこう語ります。

「3人も紹介してくれてありがとうございます!まさか、3人もウチに呼び込んできてくれるとは思いませんでした!
あの、あなたが紹介してくれた友達のAちゃんがいますよね?そのAちゃんが誰かを紹介してその誰かがウチに来てくれたら、カット代金の5%分のクオカードをお渡しいたします!

つまり、あなたの紹介者の紹介者がカットサービスを受けたら、あなたの紹介者であるAちゃんだけでなく、あなたにまでクオカードが手に入るということです。

友達の友達だったら、一気に人数が広がりそう!!

ここで、あなた→友達Aちゃん→友達の友達Bさんという繋がりができました。

ここであなたがやったことは

・AちゃんとBさんにお店の広告、宣伝をした。
・宣伝はAちゃんとBさんという多数の階層にわたって行った。
・あなたが宣伝してくれたおかげでお店が繁盛した。
・そのお礼にクオカードをもらった

そしてBさんがC君とDちゃんに、AちゃんはBさん以外にもEさんとFさんに・・・となっていくとお店はどんどん繁盛していきます。
その繁盛は?あなたがAちゃんに宣伝したおかげです。

これが多数の階層で商品やサービスを宣伝するということなんだ!!

宣伝という行為はマーケティングの一つでした。マーケティングの4つのプロセスの内の③でしたね?

③商品やサービスの情報を届ける

マルチ・レベル・マーケティングという、宣伝戦略

では、改めてMLM(=マルチ・レベル・マーケティング)について、おさらいしてみましょう。
多数の階層でマーケティングをする、少し狭義にして、多数の階層で宣伝行為をする。ということになります。

そして、その宣伝を行うのはお客様です。お客様自身がそのサービスの良さ、素晴らしさを他の人に伝えて他のお客様を呼び込み、そのお客様が、お客様を呼び・・・という形が出来上がっています。

これが成功すりゃ、TVCMも新聞広告も要らねぇんじゃねぇか?

その通りです。宣伝行為をお客様に委託している形(委託されたお客様をディストリビューターと呼ぶ)になるので、お店が自ら広告を打つ必要がなくなります。

TVCMとか新聞広告に回している費用を、広めてくれているお客様に還元すりゃ、お店もお客様もWin-Winだな。

その通りなのです。お店は高い宣伝広告費が抑えられ、その分をお客様に還元し、還元されたお客様はさらにファンになってくれる。
あなたは引っ越しでもしない限り、ずっとこのお店でカットサービスを受け続けるでしょう。

あなたはあなたで、カット代以上のクオカードを貰える可能性を秘めているのです。

そこになんの損もありません。ここにたどり着くまでに、あなたはカット代しか支払っていませんね?普通の出費しかしていないのです。

最高じゃねぇか!なんか、近江商人とかで聞いたことのある三方よしそのものじゃねぇの!?

じゃあ、何でMLMと聞いて詐欺だのなんだの、悪いイメージばかりが先行しているんだろう??


その理由は、ねずみ講、すなわち「MLMのニセモノ」が日本の世の中に出回ってしまったからです。

法律で見たMLMとねずみ講の違い

法律で見たMLM

ここで、MLMにまつわる法律について考えてみたいと思います。MLMは日本の法律では「連鎖販売取引」と定義されており、これは法律で許されています。
連鎖販売取引は特定商取引法(取引の公正性と消費者被害の防止を図る法律)第33条で定義される販売形態であり、以下の様に定義されています。

物品の販売(または役務の提供など)の事業であって
再販売、受託販売もしくは販売のあっせん(または役務の提供もしくはそのあっせん)をする者を
特定利益が得られると誘引し
特定負担を伴う取引(取引条件の変更を含む。)をするもの
出典:特定商取引法ガイド 
http://www.no-trouble.go.jp/what/multilevelmarketing/

MLMは合法なわけだ。

法律で禁止されている、ねずみ講

MLMはねずみ講だと言っている人たちは多いけど、ねずみ講も合法なの?なら、なぜ、ねずみ講で逮捕されている人が出てきているの?

違うんだ。そもそも「MLM=ねずみ講」という考え方を改めないといけない。

ねずみ講とMLMは似て非なる別物です。MLMは法律上、連鎖販売取引と言われているのに対し、ねずみ講は無限連鎖講と呼ばれています。そして無限連鎖講は
「無限連鎖講の防止に関する法律(通称:ねずみ講防止法)」で禁止されています。

ねずみ講防止法第2条によると、ねずみ講は以下の様に定義されています。

この法律において「無限連鎖講」とは、
金品(財産権を表彰する証券又は証書を含む。以下この条において同じ。)を出えんする加入者が無限に増加するものであるとして、
先に加入した者が先順位者、以下これに連鎖して段階的に二以上の倍率をもつて増加する後続の加入者がそれぞれの段階に応じた後順位者となり、
順次先順位者が後順位者の出えんする金品から自己の出えんした金品の価額又は数量を上回る価額又は数量の金品を受領することを内容とする金品の配当組織をいう。
出典:あなたの弁護士 https://yourbengo.jp/shohisha/7/

MLMは合法な取引でねずみ講は違法な取引。取引の内容が違うから、片方は認められ、片方は犯罪になってしまうんだ。

でも、両方の条文を読んでも、結局何が何だか分からないよ・・・

連鎖販売取引と無限連鎖講の法的違い(解説)

法律の条文を読んでもMLMとねずみ講の違いを理解するのは難しいと思いますので、法律の条文をかみ砕いてMLMとねずみ講の違いを説明していきます。

違い① 商品の内容と価格

MLMの場合

MLMは商品の内容と価格が適正です。美容院の話に喩えてMLMの説明をしてきましたが、商品を紹介した人も紹介された人も適正な価格でカットサービスを受けることができています。MLMの階層のどの位置に属していても支払った金額に対して正当な対価を受け取っていることになりますから、個人の財産を侵しているわけではありません。

みんながみんな(MLM組織のどこにいても)、普通の買い物をしているだけ。ということになるな。

その基本原則が守られた上でサービスを人に紹介すれば、広告宣伝料の代わりに個人のところへ報酬が支払われるのがMLMなんだな。

ねずみ講の場合

ねずみ講は商品の内容と価格が適正ではありません。

・これはビジネスになってお金が儲かるから
・この組織に所属したら配当がもらえるから

と言って、本来あるべき商品価格よりも高い値段で商品を販売したり、
入会費と称してお金のやり取りだけ行われて商品もサービスも得られないといった被害が起こるのがねずみ講です。この場合、個人の財産を侵しているので法で罰せられるのです。

最近は「インターネットで稼ぐ方法」みたいな形で、中身のないノウハウを数十万で売ったりして、紹介したら報酬が入るみたいなことをしている人が多いよな!
「中身のないノウハウ」と「数十万」なわけだから、本来あるべき商品価格よりも高い値段で商品を販売しているから、コイツらは、ねずみ講と言われてもおかしくないよな!

違い② 階層の制限

MLMの場合

こちらの図を見たときにAちゃんは1階層目、Bさん, E君, Fちゃんは2階層目に相当します。MLMには階層の制限があり、自分が持てる組織の数に制限があります。

階層の制限をすることにより、商品の見込み客(商品を欲しいと考えていて、契約が成立しうるお客様)を独占することを防ぐことができます。
こちら↓の図の青色三角全体が商品の見込み客で、赤点が組織のトップです。階層に制限を設けることによって、たくさんの三角形を作ることができ、MLMではたくさんの人が報酬を受けられる仕組みになっています。

ねずみ講の場合

ねずみ講の場合、階層の制限はありません。無限連鎖講といわれるくらいですから、一人、あるいはごく一部の人が報酬を独占してしまう形になっています。

連鎖販売取引と無限連鎖講の法的違い(まとめ)

以上をまとめると
・商品の内容と価格が適正かどうか
・階層が有限か無限か

がMLMとねずみ講の違いということになります。

MLMとねずみ講の例

MLMの例

・Amway(アムウェイ)
Amwayは会員制のネットショップで、販売しているものは主に家庭用日用品です。
家庭用日用品を適正な価格で販売し、そのお客様の中でアムウェイでビジネスやってみたいと考えている人はディストリビューターとして登録します。
そして自分の組織を作り、組織の人がアムウェイで買い物をすれば自分のところに報酬がやってくるという仕組みです。

ディストリビューターが多階層にわたってアムウェイ会員の宣伝をして組織を作っていくわけですが、
商品を適正な価格で販売しているので、ねずみ講ではないのです。

アムウェイはねずみ講だ、詐欺だと言っている人は、はっきり言って何も考えていない人だ。違法と呼ばれるねずみ講の会社がアメリカで従業員数13,000人も抱えていて、日本の渋谷に支社を置く大企業になれるわけがないだろう?

アムウェイで大胆に稼ごうとは思わないけれど、アムウェイのディストリビューター(年会費3600円)になって、日用品を購入してもいいかも、とは思えるよね。ディストリビューター価格で商品そのものが割安になるみたいだし。

でも、アムウェイと聞いた瞬間に悪い印象を抱く人がいるのはなぜだろう?

アムウェイの印象が悪い理由

①ねずみ講と勘違いしている人が多すぎる

正当に商品を販売している会社であるのにも関わらず、アムウェイと聞いた瞬間、ねずみ講・詐欺・稼げないと考えてしまう人が多いためです。日本人特有の「みんなが悪いと言っているものはみんな悪い」という愚直な考え方がまかり通ってしまっているため、アムウェイの印象は悪く、ディストリビューターは苦労し・傷つき、結局ディストリビューターも諦めてしまうという負の連鎖が起きていると思います。

②アムウェイの報酬プランが複雑すぎる

報酬の仕組みが複雑なMLMと言うのは、よく避けられます。アムウェイもその一つです。参考として下記のページを紹介します。

参考:【複雑すぎ】アムウェイの報酬の仕組みをなんとか解説してみよう

アムウェイも会社を維持するためには、なるべく安くたくさんの会員を持ってもらって、たくさんのディストリビューターを確保しないといけないから、法律を破らない範囲で仕組みを作っているんだな・・・・。

ねずみ講の例

・天下一家の会事件
入会時に約2,000円の会員費を支払い、内、1,000円を本部に、5階層上の会員に1,000円を支払う仕組み。
入会金ということで、何も商品もサービスも得られないまま、お金のやり取りだけが行われていたという点から天下一家の会はねずみ講なのです。
まさに、トップの人間だけが儲かり、5階層以上の組織を持っている人でないと儲からないので、ごく一部の人が利益を独占していた状態になるのです。

この事件が世間で広かったせいか、個人が宣伝しているものに対しては「ねずみ講なのでは」と思う人が多くなったのではないかと思います。

まとめ

今回は、MLMとは何か?ということで
・マーケティング、宣伝方法としてのMLM
・法的観点から見たMLMとねずみ講の違い
・MLMとねずみ講の具体例

について説明しました。MLMとねずみ講は全くの別物であるということにご納得いただけましたでしょうか?そして、MLMは正当な商売であることがお分かりいただけましたでしょうか?

MLMビジネスを行うにあたって

SNSなど、インターネット上では多数のMLM案件が飛び交っています。MLMは可能性を秘めたビジネス形態であることは確かです。ただし

「テレビのCMや電車での広告を見て、いいなと思ったものを買う、折込チラシでいいなと思ったものを買う」
「お金を稼ぐということは毎日会社に通って一生懸命働くことだ」

というお金のやりくりが普通になっていて、それ以外は異常とみなす、日本人特有の右向け右の性質があるために、日本でMLMをやるのは非常に厳しい環境であることは覚悟しなければなりません。例え、ネット上で海外の方相手に商売するとなっても、商品価格が高額であると、物価の低い国には売れません。

じゃあ、結局、どんなMLMがいいの??

・商品の価格(入会費など)が安い(自分の負担する金額と販売する側の心理的負担に直結)
・商品の価格と商品の内容が適正(そもそもMLMとしてしっかりしているか?)
・商品だけで価値を見出してくれる人がいる
・悪い噂が出ていない

このような性質のMLMをお勧めします。それでは、本記事を読んでくださった皆様の健闘を祈りまして、本記事を終了させていただきます。

-副業

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

会社に行かずに生きる方法を考える

目次1 はじめに2 ブログアフィリエイト3 せどり3.1 失敗したせどり 「本」「ぬいぐるみ」「新幹線回数券」3.1.1 本せどり3.1.2 ぬいぐるみせどり3.1.3 新幹線回数券せどり3.2 失敗 …

【100記事達成】しままるの雑記帳は節目を迎えました

目次1 1か月間のアクセス数とその所感2 アクセス集中を起こした記事Top33 ブログに対する私の考え方3.1 写真3.2 科学3.3 心の問題4 ブログ運営の今後について4.1 営利活動について4. …

現代の若者はなぜ苦しまなければならないのか

目次1 若者(20代)が苦しめられる理由(結論)2 稼ぐのに必要なビジネスのレベルが急上昇している2.1 現代は求められるビジネスのレベルが高すぎる2.1.1 モノづくりの観点から2.1.2 サービス …

ネットビジネス成功の秘訣 その2

目次1 DRMを例にとり、客層を考察する1.1 DRMの客層2 ブログアフィリエイトを例にとり、お客様を考察する2.1 なぜブログで稼げるのか?を考える2.2 どんな記事を書けばいいのかを考える3 ま …

2種類のお金の稼ぎ方

目次1 結晶性・流動性とは?1.1 結晶性商売の特徴1.2 流動性商売の特徴2 結晶性商売と流動性商売の具体例2.1 結晶性商売の具体例2.2 流動性商売の具体例3 ネットビジネスノウハウの価値3.1 …