しままるの雑記帳

しままるの思ったことや考えたことをアウトプットする場。「PC/プログラミング」「写真/旅行」「科学(勉強)」「心の問題」が主なテーマ。

つぶやき

bookoffで本を買うということ

投稿日:2017年5月3日 更新日:

bookoffで本を買うということ

※この記事は、しょーもない、しままるのつぶやきです。
私はbookoffが好きで、休日になればよくbookoffに足を運びます。私から見たbookoffは
「少しお金がかかるけど、本を返さなくてよい図書館」というイメージを持っています。
100~200円という、お金を遣ったどうか記憶に残らない程度の値段で、1冊の本が買える。これは素晴らしいことだと思います。こういった、ほぼ無料に近い感覚で本を手に入れることができるので、ついつい、色々な本を買ってしまいます。
あまりにも安いので、本を買って後悔する気持ちとしては「お金を遣ってしまった・・・」よりも「また部屋にかさばるものをふやしてしまった・・・」という気持ちの方が大きいです。

買った本はほとんど役にたたない

私はbookoffで漫画と言うよりは自然科学の教科書や専門書を買います。たまに小説も買います。「単位が取れる」シリーズくらいの薄い本だと108円で売っていることが多いので、その辺のボリュームの本を良く買います。あと、最近、私の中でもトップトピックスとなっている「心の問題」についての本。心理学から脳医学まで色々な本を買っています。それに関連して、育児関係の本も買います。あと、動物が好きなので、飼いもしないのに、動物の飼育ノウハウ本を買って、イラストや写真に癒されています。
ところが、買った本のほとんどが役に立たないのです。そのまま読まないか、数ページ読んで終わるかのどちらかです。
「それじゃあ、お金も本を置くスペースももったいないじゃん!!」
と思われるかもしれませんが、そうでもないのです。本を10冊買えば、そのうち1冊が自分にぴったりの本だったりします。その1冊は知識を身につけたり、新しい価値観を提供したり、あるいは1冊でものすごく楽しむことができたりという、いわゆるお気に入りの本なのです。

お気に入りに出会うためにたくさんの本を買う

ただの本がお気に入りの本になるのはいつかわかりません。買ってすぐかもしれませんし、1年後かもしれません。ましてや、買った直後では、何がお気に入りになるかはわからないのです。
ただし、お気に入りの本に出会えば、その本には何千円、何万円もの価値があると思います。だから私は役に立たない本をたくさん買って持っています。つまり、お気に入りの本が何千円もの価値を生み出してくれるので、損か得かと言えば得なんです。

こうやって自分に言い訳をしつつ、今日もbookoffに行って本を6冊買ってきました。1000円くらいの出費です。この中から、私の脳に新しい「何か」を入れてくれる、あるいは私の脳を楽しませてくれる「お気に入り」はあるのでしょうか?

2017年5月28日追記:
先日、素敵な本に出会いました!!「心の病は脳の傷」という本です。私はこの本に1万円くらいの価値を感じます。もう読みまくって線も引きまくってボロボロになってます。その本の要約記事も書きました。


-つぶやき

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

しままるのしょーもない話

目次1 商品紹介:広島風つけめん2 商品紹介:チリトマトヌードルがおいしい3 商品紹介:USB型カードリーダ4 暮らしのメモ:物を送る方法(郵送)について これは、単なるしままるのくだらない話です 商 …

4月10日のお散歩

約二日に一回、外出の許可をもらって病院周辺を散歩して写真を撮っています。今日の散歩の様子です。 病院を出たら、すぐに満開の桜が迎えてくれました。会社に行っていないと気づきにくいのですが、もう世間は4月 …

4月19日の散歩

約二日に一回、外出の許可をもらって病院周辺を散歩して写真を撮っています。今日の散歩の様子です。 今日は、報告が遅かったです。gnuplotというグラフ描画ソフトと色々戦っていたのです。(使い方とか、プ …

5月1日の散歩

約二日に一回、外出の許可をもらって病院周辺を散歩して写真を撮っています。今日の散歩の様子です。 昨日は雷を伴う雨が降っていて、明日の外出は無理かな~と思っていたのですが、今日は晴れたので良かったです。 …

4月12日のお散歩

約二日に一回、外出の許可をもらって病院周辺を散歩して写真を撮っています。今日の散歩の様子です。 病院を出たら、すぐに満開の桜が迎えてくれました。二日前も満開でしたが、今日も健在です。ただ、二日前も今日 …