しままるの雑記帳

しままるの思ったことや考えたことをアウトプットする場。「PC/プログラミング」「写真/旅行」「科学(勉強)」「心の問題」が主なテーマ。

キャラクターの部屋

ディープルをめぐる、ストークの諍い

投稿日:2017年11月25日 更新日:


~株式会社ミナガミ 東京本社 12階 終業後の休憩室~

タンタンタンタンタン・・・・

ちょっと、ストーク、足!!行儀悪いわよ!!

ああ、すまない。

どうしたの?機嫌悪いの?

あぁ、ちょっと聞いてくれよ・・。
ディープルと一緒に働いている、俺らと同期の事務系で総務部に配属されている学卒いるだろ?

うん。いるね。ネチネチしててワタシ嫌いなんだけど。

そいつが、他の社員と明らかに俺とディープルに聞こえるような大きな声で話してたんだ。

「なんでストークはディープルの味方ばっかりやってんだろうな」
「あんな面倒くさい性格で、仕事の出来ねぇ、高卒ごときの味方して何がいいんだか」
「さっぱりわからんな~(笑)」
「あのオドオドした感じ、ムカツクからなんとかならねぇのかなぁ」
「ストークが甘やかしているから、いつまでもこんな感じなんじゃないの?」
「まったく、俺ら総務部から見たら、部外者なのに、迷惑だよなぁ~!!」

っていう会話を俺に指さしてやってたんだ。

うわっ・・さいってぃ・・・。
ワタシ、その場に居なくてよかったわ・・・。

それで、俺もう我慢できなくってさぁ・・・。ヤツの胸倉つかんで

てめぇらにディープルの何がわかる!?てめぇらがコイツの良さを分かってないだけだろうが!
一緒に働く仲間をよくそんなに貶して大声でいえるなぁ!二度とコイツの悪口を俺の前でいうんじゃねぇ!

・・・と言って、床にバーンと・・・。

アンタ・・・普段は理屈っぽくて落ち着いて、わけのわかんない難しい話をどんどんするのに、自分の友達や家族の事となると途端に人が変わるのね。
熊本地震が起きたときのアンタも取り乱しまくってたし・・・。

それより、ソイツ、大丈夫だったの?ケガしなった?ケガしたら労災よ?
あなたの立場だって危ないわ。

ケガはしなかったけどさぁ、総務部での俺の評判は最低だろうな。

・・・ケンカっぱやいのはワタシも同じだから、とやかく言えないけど。
アンタは男なんだから、下手したら相手をケガさせるかもしれないということは承知しておきなさいね。

まぁ、アタマで考えればそうなんだけどさ、こんなことされたらアタマよりも先に体がでてしまう。

悪質だもの。よく人の事指さして大声で悪口言えるわね。最悪。ああ最悪。私までイライラしてきちゃった。

あっ、ディープルは!!?大丈夫??

ずーっと、トイレにこもりきり。泣いてるよ、アイツ。

はぁ・・・。ワタシたちの友達に何してくれてんの?って感じ。

だよなぁ・・・・。ディープルがこういう性格なのも、こういうヤツがいるのが原因なんだよなぁ~。

どういうこと?

人の体や心を傷つけることで、快感を味わおうとする残念な奴が、比較的気の弱いディープルを標的にして攻撃する。
俺とディープルの両方にわざわざ聞こえるように大声で悪口を言ったのは、攻撃したいからなんだろうよ。それで、ディープルの反応を楽しんでる。
そういうことばっかり繰り返されてきたから、ディープルは自分に自信のないネガティブ思考になってしまった。
本当はいいヤツなのにな・・・。

すまねぇ、タバコ吸いたい。喫煙室に移動していいか?

・・・もう、しょうがないわね・・。

~12階 休憩室併設の喫煙室~

ふぅ~・・・。どこの会社っつーか、組織にもいるもんだな。そういう性質(タチ)の悪い奴。

そうね。どういう神経してんだかわかんないけど、居るという事実からは逃れられないわね。

ディープルの場合、そういう性質(タチ)の悪い奴に出会ってしまったら、目の前にソイツしか見えなくなってしまうから、しんどい想いをする。
物事をなんでもマイナスに考えるからな。今回の事があったら、アイツらの言っていることを本気で信じてしまって、自分はダメな人間だって自分を責めてしまう。

だからこそ、ワタシたちがその・・・なんだっけ?自己肯定感?ディープルに欠けてしまった自己肯定感を埋めてあげなきゃ。
彼、潰れちゃう。

あぁ、そうだな。ディープルどうしてるかな・・。アイツら帰ったかな・・・?

ワタシ、見てこようか?

あぁ、頼むよ。

~3分後~

帰ったみたい。

ディープルは?

分からないわよ。トイレにこもっているかもしれない・・・

・・・かわいそうになぁ。今までの人生、ずっとこんな感じだったんだろうな・・・。
そりゃ、自分を傷つけてしまいたい気持ちになってしまうだろうよ。俺はあいつに絶対そうして欲しくはないけどな。

ワタシだっていやよ・・・。

あいつさぁ、ディープルさぁ、アタマいいんだよ。俺がちょっと教えただけで、大学で学ぶ専門的なことに関する会話ができるようになるし、
アイツ、この会社に履歴書出したとき、SPIを受けさせられたらしいじゃん。

えっ?そうなの!!?

ああ、SPI受けたって本人が言ってた。
頭がいいか悪いかっていうのは、履歴書に書かれた文章を見れば大体わかるんだよなぁ。
それで、ディープルの頭の良さを見抜いた人事がSPI受けさせて、俺ら学卒と同等・・もしかしたらそれ以上の成績をたたき出したから、
その後の面接がスムーズに進んだんだと俺は思う。
・・・まぁ、ディープルがSPIを受けさせられたことと、ディープルが今採用されてここにいるという2つの事実からの俺の推測に過ぎないけどな。

言われてみれば、そうかもしれないわね・・・。彼、他の高卒と比べて一線を画している気はしてた。

学習能力と理解力が著しく優れたディープルを使えないということは、
単に、一緒に仕事する側がディープルと歩調を合わせされないだけの話なんだと俺は思う。

あの事務系のヤツ・・・明治なんでしょ?まぁ、所詮、その程度ってことなのよね~w 明治だし。
ディープルの方がアタマ賢いっていう可能性は十分あるわね~w

学歴で人を判断すんな。明治にだって頭の賢い奴はクサるほどいる。
あと、同じ「めいだい」でつまらない争いをするな。

まぁ、確かにヤツは俺から見てもバカだと思うが。・・・というか、バカだから、ああやって人を傷つけられるんだろうが。

それに、ディープルは、人の痛みをわかってる。すごくいいところなんだけど、それが災いして、
今の僕の発言で傷ついちゃったかな・・・って自己反省してしまう。

あいつらとは正反対ね・・・。

ホントだよ。人を傷つけるのを愉快に思っていやがるんだから。ありえねぇ。ゆるせねぇ。

大丈夫かしら?ディープル

ちょっと、俺、呼んでくるわ。

あっ、タバコ!タバコの火始末していって!!
(まったく・・・人の事となると、ホントに無鉄砲なんだから・・。)

~11階 事務室 男子トイレ~

おーい、ディープル、大丈夫か!!?ストークだ!

ストークがトイレの個室の扉を叩くと、ゆっくり扉が開き、ディープルが出てきた。
ディープルは目の周りを真っ赤にして顔はもうくしゃくしゃだった。

・・・・。

出て来てくれてありがとう。12階にシママもいる。 ・・・行こう。

うん・・・・。

~12階 休憩室~

あっ、ディープル!!
よかったぁ~。もう大丈夫だからね!!

そう言って、シママはディープルに抱きついて、ディープルの背中をさすってあげた。

(スゲェ光景だな。周りから見たら勘違いされかねない・・・。)

つらかったでしょう?今日の事・・・。
いつもあんな風にイヤミばっかりいわれてるの?

うん・・・。
「何でオマエごときがここにいるんだよ」とか
「もっと普通にしゃべれねぇのかよ」とか
「ボンクラ」とか「目障り」とか・・・・

もういい、もういい、もう言わなくていい。ダメよ。あんな奴らの言葉信じちゃ。

シママはディープルを抱くのを止め、ディープルの両肩に手を乗せて、完全にシママとディープルの顔が向き合う姿勢をとった。

いい?人の心を傷つけて笑っている人なんかについて行っちゃダメ。それが例え上司だろうとも。
そんな人、多くの人の心の中では「可哀そうな人」って思われていて、形だけのコミュニケーションをとられているんだから。
少なくとも私たちはそう思ってるし、そうしてる。

人格で人を否定している者にロクな奴はいねぇんだ。

シママはもう一度、ディープルに抱きついた。

お願いだから、もう一人で苦しまないで。ワタシたちはディープルのいいところいっぱい知ってる。だから、大好きなの。
そんなディープルが一人で悩んで苦しんでいるとワタシたちも苦しくなっちゃう。だから、何かあったらワタシたちに言って。
・・・お願いよ。

もう、オマエは一人じゃねぇからな。俺からも頼むぜ。

・・・ありがとう。

さ、ディープルが泣き止んだら帰るぜ!今日は飲んでくか?

そうね~。もう~。。アイツのことがムカつきすぎて溜まってるのよねぇ~。
もう発散したいわ~。

ゆっくりな、心を落ち着かせてな、ディープル。俺はその間に一本吸うわ。

結局、吸いたいだけなんでしょ。アンタは。

ガチャリ。喫煙室に一人の中年の男性が入ってきた。挨拶をする3人
「こんばんは、お疲れ様です。」

「総務部 課長の○○だ。ストークくん、キミにお願いがある。」

はい、私にですか?

点けたばかりのタバコの火を急いで消す。

「今日の事についてだが・・・始末書を書いてくれ。」

・・・はい。

(ほら・・もう言わんこっちゃないじゃない・・・。)

「・・・と、言うように立場上、始末書を命じたが、私はストークくんに感謝している。ありがとう。」
課長は深々と頭を下げた。

「とりあえず、定型文をメールで送っておいたから、名前書いてハンコ押して総務部長と企画開発部長に提出しておいてくれ。5分とかからないだろう。」

ストークが持っているタバコを指さして課長は言った。
「私もいいかな?」

あ、どうぞ。3ミリですけど、いいですか?

「ああ、構わん。」

・・・・

「ふぅ~。はぁ~。いやー”めいだいくん”には困ったものだよ・・・。」

めいだいくん・・?

「ああ、あの今日、問題になったうちの部の者だよ。明治出身であることを盛んに主張するから、我々の間ではもう”めいだいくん”と呼んでいる。」

(ナニソレ、超イタイんですけどwwww)

「めいだいくんとディープルとの問題はウチの課でも問題になっていてね・・・。めいだいが余りにもディープルに酷く接するから、困ってたんだ。
私のほうからも、めいだいに注意しているんだが、一向に直らない。そして今日みたいに大声で人をバカにする始末・・・。
本当に始末書を書かせたいのは、めいだいの方だよ・・・。」

すみません・・・。大変なことになってしまいまして・・。ご迷惑をおかけしました。

ストークが深々と頭を下げる。

「いやいや、頭を上げてくれ。ああいう、心のさもしい者というのは一回痛い目を見せないとダメなんだ。
今日、キミがやったみたいにね。はぁ、もうウチの課の誰もがイライラしていて、誰か手を出すんじゃないかとは思っていたけれども、
ある意味、キミがやってくれてよかった。こういうことは立場の高い者がやるほど問題になるからね。」

課長がディープルの方を見る

「ディープル、良かったな。素敵な友達が出来て。あなたが良い人だから、こうやっていい人が味方になってくれるんだ。そこは自信を持って、そしてこの素敵な友達を大切にしなさい。」

・・・はい。ありがとうございます。

もう一度、課長はストークの方を向いて言う。

「ストークくん。気持ちはわかるが、一応キミのやったことは傷害行為だから、今後は慎むように。
キミは間違いなく管理職になるだろう。そうなってから同じようなことをしたら、5分の始末書じゃすまないからね。」

はい。・・すみませんでした。

「よし、ストークくんへの訓告はおわりたい。ストークくん、キミは九州男児かね?」

はい。水俣の出身です。

「ああ~やっぱりなぁ~。こういう人情味熱くて、正義感が強くて、勇ましくて、ちょっぴり短気なところっていうのは九州男児の特徴たい。」

課長も、九州出身なんですか?

「おいは、八代の出身たい。」

近くですね!九州新幹線なら一駅!


「あの新幹線開業ウェーブ、出たん?」

もちろん出ましたよ!課長も出られたんですね?


「あぁ、やっぱり九州はええなぁ~」

ストーク、深くうなずく

課長!私たち、今から3人で飲みに行くところでしたが、ご一緒されますか?

「あぁ、いいね。ぜひとも」

(あぁ~、九州のハナシ長くなりそ~・・・・)

よし、行くぞ!「めいだいちゃん」!!

ナニソレ!!ヤツと同列に扱うのはやめて!!

「キミも明治の卒業かね?」

いいえ、名古屋です!

シママは笑って首を強く振った。課長も笑う。

「ハハッ。明治よりも優秀やけんな!」

彼女は優秀ですよ。能力も、人間味も。

「ハハッ、そうたいね~。そりゃあ、ディープルの友達やもんな!」

笑いあう3人を見て、ディープルは、今もまだ色々苦しいこともあるけれど、やっと居場所を見つけられた・・・。
そんな気持ちで胸がいっぱいになり、やはり泣いてしまっていた。

-キャラクターの部屋

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ストークの憂鬱

 しままるの雑記帳 しままるの雑記帳 キャラクター紹介http://shimaphoto03.com/other/character/introduce/しままるの雑記帳 キャラク …

しままるの雑記帳 キャラクター紹介

目次1 シママ2 ファビー3 ディープル4 ストーク5 株式会社ミナガミ しままるの雑記帳 キャラクター紹介 シママ コンピュータが大好きで、パソコンいじりとプログラミングをよくやっている女の子。 モ …

株式会社ミナガミ

このページでは、当ブログのキャラクターたちが務める架空の会社、株式会社ミナガミについて、 しままるの適当な妄想を書きなぐったものです。  しままるの雑記帳 しままるの雑記帳 キャラ …

ディープルに対するシママの疑問

 しままるの雑記帳 しままるの雑記帳 キャラクター紹介http://shimaphoto03.com/other/character/introduce/しままるの雑記帳 キャラク …

シママ・ディープルの趣味

 しままるの雑記帳 しままるの雑記帳 キャラクター紹介http://shimaphoto03.com/other/character/introduce/しままるの雑記帳 キャラク …